読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanaida.net

ちょっと楽しいスピリチュアルなことや生活で役立つ情報を発信。オススメのカテゴリは「こころ・からだ」「神社・パワースポット」

ちょっと楽しいスピリチュアルなことや生活に役立つ情報を発信しています。


おすすめカテゴリは「こころ・からだ」「行ってきたよ記事」「神社・パワースポット」


【必見】美味しくてやさしい日本酒。昔ながらの日本酒ってヤバイ。

たべもの・のみもの

試してみて美味しかったら、それは自然の味だからです。

寺田本家の「香取」が美味しすぎでビビった。

寺田本家の「香取」を紹介する目次

 

カナイダ(@kanaidanet) です。

この前ナチュラルハーモニックプランツに行った時に買った

寺田本家の日本酒「香取」

現在少なくなった、かつての製造方法でつくるこの日本酒。

 

 

実際に飲んでみると

「こ‥これは‥‼︎」って衝撃だったのでシェアしますね。

 

寺田本家ってどんな酒造⁇

f:id:kanaida:20170126192709j:image

千葉県香取神崎町にある酒蔵。

「香取」への醸造用アルコール添加が廃止されて100%純米作り、無添加の蔵。

↓以下、みんなの農村ネットワークより引用。

 オーガニックライフに関心を持たれている方なら誰もが知っている「寺田本家」。昔ながらの「生酛(きもと)作り」で、自然の力、微生物の力を最大限に活かした自然酒を作る伝統ある酒蔵です。
 世の中のお酒の多くは「醸造アルコール」を添加したり、人口培養した乳酸菌や麹を使います。しかし、寺田本家は自然の力を活かしたお酒作りにこだわり、麹は自分たちの田んぼからとった稲麹を使い、乳酸菌などは添加せず、蔵に住み着いた微生物がゆっくり降りてくるのを待ちます。その昔ながらの独特の酒作り、寺田本家の独特のお酒の味わいには熱烈なファンが多く、毎年、作ったお酒は春過ぎには売り切れてしまうほどです。

寺田本家の酒蔵見学 - 田舎・農村・農業体験! みんなの農村ネットワーク

↓寺田本家 公式HP

自然酒五人娘 発芽玄米酒むすひ 香取 蔵元 寺田本家

 なるほど。

今はお酒といったら大量生産するために

「醸造アルコール」が入っているのがほとんどだけど、そういう添加物を入れずに作っている日本酒か。

さらに企業の酒蔵とかは機械的な臭いがプンプンするような「工場」で作られているけど、寺田本家さんは菌とたわむれながら、昔ながらの方法でつくっているみたいですねー!

これは面白い。

 

↓さらに、このお酒が世に出るまでは、いろんなドラマがあったようで。

作った人の話。

故 寺田啓佐(てらだけいすけ)さん

1948年、千葉県神崎町に生まれ、25歳の時寺田本家へ婿入り。23代目の当主となる。20年程前までは添加物いっぱいの日本酒造りをしていたが、病気体験の中で反自然物や不調和の積み重ねが心身のバランスを崩し、病気にもなっていることに気づく。以後様々な体験を経て、自然の摂理に学び、生命力のある命の宿った“百薬の長”たる本来の日本酒造りを目指し、柔軟な発想で健康に配慮したユニークな酒を数々造りだし現在に至る。(寺田酒造HPより) 

この人の生き方がお酒に出ているんだろうな。

本当誰がどんな意識で作ったかが大切なんだよね。改めて感じさせられます。

 

スポンサーリンク

 

 寺田本家の「香取」を飲んでみた。

f:id:kanaida:20170126192639j:image

 さあいよいよ開封です。

 

f:id:kanaida:20170126192647j:image

「自然のままの酒は百薬の長 だからすっぱくてにごっています。」

 

f:id:kanaida:20170126192652j:image

「無添加・無濾過」

 

f:id:kanaida:20170126192719j:image

 古来の醸造法「生酛仕込み」から生まれた「生命」あふれる無添加の自然酒です。

↑以上商品ラベルより

 

開封!実際飲んでみたよ!

 f:id:kanaida:20170126193036j:image

ついでみると黄色い!

普段飲んでるお酒とはだいぶ違いますね。

日本酒は無色透明で雑味のない酒が良い酒と言われた時期がありました。きれいな酒にするためには活性炭などを酒に入れ色や雑味を取り除きますが、それではせっかく微生物たちが産み出してくれたさまざまな成分をも取ってしまうことになります。
 寺田本家ではできるだけ自然に、微生物たちのすばらしい贈り物をそのままにお届けしたくて、無ろ過(ろ過は行わない)でお酒をお届けしております。また、時を経て熟成が進むと色は濃くなってきます。
自然な酒・本物の酒は黄色いのです。(寺田酒造HPより)

 そして一口飲んでみる。

 

「‥‥。」

 

 

 

「‥‥‼︎‼︎」

 

 

うわっ!

 

 

ピリってきてフワーって!

ジワジワ‥ドーンッて!笑

 

「こ‥これは‥」

 

初めて飲む日本酒だよ!

 

それに初めて飲んだのに懐かしい味。

不思議だ。

 

 

良いものは身体がよろこぶ。

今回飲んだ「香取」もそうだったんですが、

良いものって身体にスーッと染み込むんですよね。

身体の抵抗がないというかね。

今スーパーとかなんでも利益を追求するあまり昔ながらの製法が失われている現実があります。そんな世の中だからこそこういうものは残ってほしいですよね。 

 

酒蔵に行きたいって本気で思った。

このお酒飲んだときに、思わず寺田本家に行ってみたいって思ったんですが今年の1.2月の見学は満員に募集は終了していました。残念。

でも3月12日に

「お蔵フェスタ」ってのがあるらしいー!

 

あるらしいー

 

寺田本家 会社案内

 

酒蔵の見学ができるぞ。

むっちゃ行きたいぞ。

検討しよう。

 

 

寺田本家の「香取」これで1000円くらい。

コスパ良すぎです。笑

オススメですよー!

カナイダ(@kanaidanet) でした。

寺田本家 香取 純米90 720ml

寺田本家 香取 純米90 720ml

 

 

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

 

 

 

 

カナイダのプロフィール

↓フォローするとブログ更新をいち早く知れます。



<Facebook>



<Twitter>