読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanaida.net

ちょっと楽しいスピリチュアルなことや生活で役立つ情報を発信。オススメのカテゴリは「こころ・からだ」「神社・パワースポット」

ちょっと楽しいスピリチュアルなことや生活に役立つ情報を発信しています。


おすすめカテゴリは「こころ・からだ」「行ってきたよ記事」「神社・パワースポット」


ベジタリアンはただ野菜食べる人じゃなくて、「生き方」だと知った記事。

こころ・からだ

ベジタリアンって聞くと「肉や魚を食べない人」ってイメージ。でも色々話を聞いていると肉や魚を食べなくなった理由は「生き方の選択」だったんですね。ちょっぴりベジタリアンへの捉え方が変わったのでシェアしたいと思います。

f:id:kanaida:20170109010642j:plain

▼目次

 

ベジタリアンの生き方に触れる。

「野菜を食べる」のは結果だった。

 

カナイダ(@kanaidanet) です。

最近、食について興味が湧いて自分でもいろいろと試しているんですよね。

それもあってか最近「ベジタリアン」について調べてみたんです。そしたらね僕はベジタリアンを誤解していた。

 

ベジタリアンへの誤解

f:id:kanaida:20170109003954j:plain

世間でベジタリアンという言葉がだいぶ浸透して、

「ベジタリアン=野菜しか食べない人」ってイメージがついていますけど、それは結果の話で大切なことはもう一歩二歩踏み込んだところにあったんです。

 

恥ずかしい話、記事を書いてる僕自身も、

「ベジタリアンはただ単に肉や魚を食べない人。それも健康のためにやってるんじゃ?」って思う人間でした。でもベジタリアンの生き方に触れて、知らなかった自分が恥ずかしいと思ったので今回知り得たことをシェアしたいと思います。

 

 

生き物をとらない。その意識。

f:id:kanaida:20170109004119j:plain

ベジタリアンを日本語に訳すと「ベジタブル(野菜)を食べる人」だと思っていたんですが違うようで。ラテン語で「健康で生命にあふれて、いきいきとしたー」意味なのだそう。

要は「ベジタリアン=野菜をとる人」ではないということ。 

 

ベジタリアンにも分類がある。

f:id:kanaida:20170109004351j:plain

ベジタリアンにも細かく種類があります。

様々な分け方がありますが、ここでは簡単に紹介します。

  • 「ピュア・ベジタリアン」‥全ての動物性食品を避ける。「ビーガン」ともいう。衣料品でも毛皮や革製品を身につけない人もいます。(野菜のみ)
  • 「ラクト・ベジタリアン」‥野菜だけではなく+牛乳やチーズなど乳製品も食べる。(野菜+乳製品
  • 「ラクト・オボ・ベジタリアン」‥野菜、乳製品+卵も食べる。(野菜+乳製品+卵
  • 「ペスコ・ベジタリアン」‥野菜、乳製品、卵+魚も食べる。(野菜+乳製品+卵+魚
  • 「ポーヨーベジタリアン」‥野菜、乳製品、卵、魚+鶏肉も食べる。(野菜+乳製品+卵+魚+鶏肉

このように、様々な形のベジタリアンがあります。ただ単に野菜しか食べないわけじゃないんですよね。ここで気になるのが食べるものの線引き。一体どのようにして決めているのでしょうか。

ポイントになるのは『いのち』の線引きでした。

 

「いのち」の線引き。

f:id:kanaida:20170109004616j:plain

ベジタリアンにいろんな種類があることはわかりました。でもどうしてこれだけの種類があるのか。健康のため?好き嫌い?ちょっと違う気が。そのポイントは「いのち」の線引きだったんです。

 

いろんな方にベジタリアンになったきっかけを聞くと、食を見直すところからスタートしていることが多いんですが、踏み込んでいくと食を見直し、「生き物」を食べる生き方を見直しているんです。

 

ー生き物をとらないー

 

現代ではスーパーに肉や魚は当然のように並んでいますが、本来ならばそれらは自分でとって食べるもの。僕たちが食べるために命を奪うことは日常で話ありません。

 

あるベジタリアンの方は昔、

「肉を食べたいなら、自分で動物を殺して食べなさい。」と言われたそうで、そのことがきっかけで食を見直すことになったそうです。

 

つまりは生き物への意識なんです。生き物への愛情を食を通じて表現している。

f:id:kanaida:20170109005226j:plain

何を食べてもいいけれど、自分たちが食べているものに、どのように自分が向き合っているか。どのような流れの中に自分が存在しているかの問いの答えが

「野菜しか食べない。」や「肉を食べない。」となるようです。もちろん人によって違うし宗教的な問題や健康の問題もあります。

僕達に当てはまらない部分もありますが、それでも、そんな食の意識は見習っていいと思います。

口にした食べ物はどのようにして運ばれてきたのだろう。

僕たちが食べるものはすべて「いのち」が含まれています。その「いのち」を食べているという意識が現代では薄くなっています。自分でとって食べているわけじゃないからです。肉や魚、野菜にしても必ずこの世界に生を受けて育ったんです。それは忘れないようにしたいですよね。

 

僕も最近、セミ・ベジタリアン。

肉食頻度が少なく野菜や魚を食べる人のことを「セミ・ベジタリアン」といいます。僕はもともと肉より魚が好きで肉を食べることは少なかったんですが、最近ますますその傾向にあります。

 

そのきっかけは「野菜を育てたこと」だったんですよ。プランターで育てた野菜が美味しかったんです。手に取ってみると生命力で溢れているというか。生きているんですよね。

 

それでいろんなお店をまわって野菜から生命力が溢れているところにたどり着いたんですよ。そしたら野菜がすごく美味しい。だんだん慣れてくるとドレッシングもいらなくなって、コショウとかオリーブオイルで食べるようになりました。すると前と同じような食事をとると体がびっくりするんですよ。

 

そんなに食べなくても大丈夫というかね。そんな時にわざわざ無理してお肉を食べる必要もないし、とらなくてもいいかなって。僕はなんでも食べますが、食べたいものを本当に食べたい時だけ食べる。そうしています。

 

週に一度はベジタリアンになってみよう!

f:id:kanaida:20170109005406j:plain

ということでオススメですが、週に一度はベジタリアンになってみましょう。

 

休みの日でもなんでもいいんですが、一食だけでも肉や魚をとらずに食事をしてみる。味も少し薄めで。するとだんだん今までキャッチできない味を感じることができます。これは続けると実感が湧いて来ますが、本当に驚きです。普段濃いものを食べている人はとくに感じると思います。

 f:id:kanaida:20170109075520j:image

舌が野菜に慣れて、改めてインスタント食品を食べたり、外食してみると、すごく味が濃いことに気づきます。

 

本来僕たち日本人の舌は欧米人に比べると繊細にできています。様々なお出しの味などを区別できるほどです。先祖が代々日本食を食べてきたから。

しかし、最近欧米化が進み、味を足していく欧米文化の料理に慣れてしまっている傾向にあるようです。その結果、濃いものを取りすぎて太りすぎたり病気になったり、様々な症状がでることにも繋がっています。

 

もしよかったら週に一度は菜食をしてみてはどうでしょうか。

 

少し話はそれましたが今回はベジタリアンについてのお話でした。

 

ベジタリアンになるきっかけは人それぞれ。

でも「いのちを頂いている」意識を持って食事を頂きたいですね。

f:id:kanaida:20170109075609j:image

「いただきます。」と口に出すときは感謝の気持ちを乗せて言いたいと思います。

 

今日はこの辺で。 

 

カナイダ(@kanaidanet) でした。

カナイダのプロフィール

↓フォローするとブログ更新をいち早く知れます。



<Facebook>



<Twitter>