【注目】仕事を辞めたいって思ったときに読む記事。

この記事をシェア

仕事を辞めたい?よし辞めよう!アナタの背中を押します。

カナイダ (@kanaidanet) です。読んだら楽になるちょいスピリチュアルな記事。

僕が働いている施設には痛みや違和感がある人、めまい、疲れなどいろんな方が来ます。その中には仕事で悩んでいる人も。身体に症状があっても、そこには心の状態が必ず関係してます。『身体の痛みや違和感も心の在り方で変わる。』それはもう常識になりつつありますよね。まだそれに気づいていない人もいるので、そんな方はうちのスピリチュアルな記事読んでみてくださいね。

仕事辞めたいの?

最近仕事を辞めたいって思っている人多いですよね。もともと自分がやりたいって思っている仕事じゃないので辞めたいのも当然。辞めようか悩んでいる人はちょっと読んでみてくださいね。

▼仕事を辞めたい人を応援する目次

仕事を辞めるか迷ってる?それは迷わず辞めましょう。

「仕事を辞める=悪いこと」ってイメージがありますよね。でもそれは本当にナンセンス。決して悪いことじゃありません。もしあなたのアイデアや意見がいつも断られているなら辞めましょう。本当はアナタが勇者なのに問題児ってレッテルばかり貼られてしまいます。それはもったいない。転職も他の仕事に意識が向いているのなら今の仕事がアナタにむいていなかっただけ。つまり転職すべきなんです。

だいたい行動してみて悪い方には転がりません。行動してみてわかることもあります。仮に悪い方向に動いても、悪いのは今だけで最後にはうまくいきます。だってうまくいきたいから転職するのだから。自分の直感を信用しましょう。

今の仕事でずっとビクビクし続けるの?

僕の職場にも上司の顔色をみながらビクビク仕事をしている人がいます。それ見て本当に思う。楽しくなさそうって。僕はそんなビジネスワークを続けるのは心にも身体にも悪いので本当辞めて違う職場に行ったがいいって思いますよ。でも日本にはお国柄なのか「仕事おを辞めることが悪いこと」って思い込みが小さい頃から学校教育で根付かされています。だから自分は本当はこう在りたいってところにいけない。そんなの死ぬときに後悔しますよ。え?後悔しない?それはアナタが正直になっていないだけです。

仕事辞めれない人は周りの目を気にしすぎ。

「仕事を辞めるなんて、あなた我慢強くないのね?」「仕事は3年は続けないと。」「自分が辞めたら自分の母校の採用がなくなる」そんなこと言ってる人います。

そんなのを聞くなんて、周りの目を気にしすぎですよ。そんなもの気にするくらいだったら自分をみたらどうなの?って本当思います。だってその人たちはアナタが困ったときにずーっと助けてくれるわけじゃないんだから。後悔しないためには自分がどう在るかってことが大切。自分自信がよろこぶことを選ぼうよ。

仕事辞めれない人は自分で選ぶことを怖がっている。

実は毎日は決定の連続です。仕事だけではなく、毎朝起きたときから「朝起きる」ってことを選んでいるし「朝食を食べる」「通勤する」ってことも全部選んでいます。なんとなくルーチンのようになっていることを日々自分で選んでいるんです。だから別のことを選ぶこともできるわけです。全部選んでいるのは自分なのに、それを認められない人がいます。

認めれない理由は怖いから不安だからです。自分がやってきたことに責任を持つことが怖いからです。だから認めれません。全ては自分の選択の結果です。だから今の気分も自分が選んだ結果なんです。仕事を辞める辞めないだけではなく、一つ一つは自分が選んでいるのだから、自分の直感を信じて自分が望む在り方に一歩踏み出すことが自分が死ぬときに後悔しない方法だと思います。

仕事を辞めたい?迷わず辞めましょう。

辞めることを選ぶのが怖い?

後で後悔することが怖いですよ。

カナイダ (@kanaidanet) でした。

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク