【ハワイ島②】初めてマウナ・ケア山頂に登ったけど、泣くほど感動した話。

この記事をシェア

太平洋で一番高いマウナ・ケアは凄かった!

ハワイ島に行くならマウナ・ケアは行かなきゃいけないところです。

カナイダ(@kanaidanet )です。今回は【ハワイ島②】を前回に引き続きお伝えしたいと思います。

ちなみに前回の記事はこちらから↓

【ハワイ島①】ハワイ行くならオアフ島もいいけどハワイ島をオススメする理由。

 

ハワイ島に行くことが決まってからのこと。知り合いにマウナ・ケアに行くことをを凄くすすめられました。それもだいぶ興奮しながら。でも少しアマノジャク的なところがカナイダにはあるので

「本当に凄いの?山じゃん。」って失礼言いまくってたんですけど、行ってみたら泣くほど凄かった。

▼マウナケアが泣くほど凄かった見出し

そもそもマウナ・ケアって何よ?

マウナ・ケア山(マウナ・ケアさん、Mauna Kea)は、ハワイ諸島にある火山であり、ハワイ島を形成する5つの火山のうちの1つである。ハワイ語でマウナ・ケアとは「白い山」の意であり、冬になると山頂がに覆われることから名づけられた。

マウナケア山山頂付近は天候が安定し、空気が澄んでいることもあり、世界11ヶ国の研究機関が合計13基の天文台(マウナケア天文台群)を設置している。日本国立天文台が設置したすばる望遠鏡もここにある。また、ハワイ原住民との取り決めから、13基以上の天文台を建設しないことになっており、今後新たに建設する場合は、既存のものを取り壊すか新たな了承を取り付ける必要がある。

マウナ・ケア山 – Wikipediaより引用)

まとめるとーマウナ・ケアはー

標高4,205m!太平洋で一番高い山!13基の天文台(世界11ヵ国)があって、かの有名な日本のスバル望遠鏡もある!ハワイ島の聖地!(←まとめになってない。笑)

でも実際すごいところなんですよここ。空気が本当澄んでいて星の観測がしやすいんです。だって世界11ヵ国の天文台がここにあるんですよ。すごい。あとハワイ島って信号の数が少ないんですよね。それは信号が多くなると星の観測に影響が出るから。夜の島が明るくなると星が目立たなくなりますからね。

またマウナケアは地元の方からすると本気の聖地!昔から頂上には「雪の女神ポリアフ」が住んでいると大切にされてきた場所です。

どうやったらマウナ・ケア山頂に行けるの?

ツアー会社に申し込みをすれば行けます。現在はツアー会社のバスなどでないと頂上まで登れないようになっています。(個人で登ることは不可)僕たちは前もって日本で申込みをして行きました。現地で「もう満員です」って言われたらショックですしね。

マウナ・ケアに実際行ってみた。

ツアー会社のバンがホテル前に到着。バンに乗り込んでツアースタート。とりあえずコナから目の前に見えるマウナ・ケアに向かって道を登っていく。

標高が高くなるにつれて植物が減ってきました。下界では少ない高山植物が目立ってます。気づくとハワイ島の下界ではあんなに暑かったのに少し肌寒くなり始める。

マウナ・ケアは標高4,205m。そのまま一気に登ると高山病になってしまうので一度、標高2800mの地点にある「オニヅカ・ビジター・センター」で休憩します。

オニヅカ・ビジター・センターで休憩

オニヅカ・ビジター・センターに到着。ここで一度休憩をしてから山頂に向かいます。ツアー会社からお弁当と味噌汁が配られるので、体を慣らしながら食事をします。

ツアー会社のナイスなヨウさん。準備の良さにビビる。

ハワイに来てからの日本食は嬉しいですよねー。味噌汁うまい。

オニヅカにはグッズも売ってあります。ここにしか売ってないものもあるので、少し覗いてみるのもありですね。体が慣れてきたらツアー会社から支給されるギアに着替えていよいよ準備万端。この頃にはだいぶ寒くなっています。

さあ頂上に向けて出発だ。

オニヅカを出発してしばらく進んだところ。この頃になると植物はほとんど生えていません。車も舗装されていない道なのでだいぶガタガタしていますけど、それが案外心地いい。でも眠っちゃダメなんです。眠ると息がうまく吸えずに酸素が少なくなるらしいです。僕も何度か叩き起こされました。

そうこうしている間に頂上が見えてきました。

いよいよマウナケア山頂に。

あれは‥もしかして‥

マウナケア山頂に到着!!

聖地って言われる意味を肌で感じる。ここは特別な場所。はるか昔からハワイ島の方々が神がいると崇めてきたことも実感できる。

そして、もはやハワイと思えない程の寒さ。1日で暑いのと寒いのを経験したのは初めてですよ。本当。

後ろにあるアンテナとか、スターウォーズっぽいですよね。各国の観測所がピョコピョコ顔だしててなんかカワイイ。

これとか一体なんの重機だろう。すごい。

ツアー会社に「頂上では走らないように。走ったら空気が薄いのに危ないです!」って言われたのを忘れて興奮。走り回っていると息が上がる。そうかここは標高4,205mのマウナ・ケア。

忘れていたけど今回は夕日のツアー。だんだん暗くなってきました。

今回はあいにくの曇り空。ハワイ島では珍しい天気だったよう。

でも綺麗だー!

でも、夕日を見ていると本当に感動して泣きそうになりましたよ。なんでって?理由はわかりませんけど、ここに来てよかったって本当に思ったんです。ひさしぶりにいいもの見れました。これは行ってみないとわからん、わからん。

天気が悪かったので、普段は見れない観測所とカミナリのコラボも撮れました。

番外編。マウナケアのトイレ

マウナ・ケアにあるトイレ。

マウナ・ケアにあるということは、つまり太平洋で一番高いところにあるトイレ。

入ってみた感想は?それはもう普通のトイレでしたよ。でも行った人は一度は使ってみていいかも。

マウナケアを堪能したあとは星のツアーに移動。

星のツアーも曇りで星は見えず。でも月は凄かったよー

こんなの撮れる↓


ちなみにツアーの人に聞いたんですけど、星の観測のツアーを申し込むときに注意することが満月らしい。満月のときは明るいため星が目立たなくなります。さらに日本の月齢はハワイ島と違うので現地のツアー会社に確認をとってから申し込むのがいいそうですよ。これチェック。

いやー本当満足。マウナケアもう一度行ってみたいなー!

ちなみに今回楽しめたのもツアー会社が良かったから。ツアー会社もいろいろ調べてみると、「ちょっと‥」ってところもあるみたいなので、今回カナイダが行ったところオススメしますね。

今回のツアー会社はここ↓

ここの旅行会社は面白いしーおすすめ通り良かった!ツアー中にスタッフが撮った写真は圧縮なしでサイトから一年間無料でダウンロード可能。ちなみに僕たちの対応してくれたのはヨウさんって人。写真も上手だし物知り。なんでもハワイ島に来て僕たちと同じようにツアーを体験して、その帰りに「このツアー会社に入らせて下さい」とお願いして、帰りの空港で面接を受けたらしい。凄い思い切りのある人だ。

で、一度ネイチャースクールのツアーに参加した人で嬉しい特典が。二度目は前回対等してくれたスタッフにお願いできるとのこと。それは安心するし嬉しい特典ですよね。

まとめるとマウナ・ケアのツアーは行ってよし!

マウナ・ケアのツアーはハワイ島に行く人は是非行ってみてください。本当に感動しますよ!迷ったら行く。それが後悔しない方法です。

次回はハワイ島でコーヒーを焙煎した話ー!コーヒー好きな方や新婚旅行で来た方にオススメの内容になっています。是非どうぞー!

カナイダでした。

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク