【海外旅行であると便利】旅の指さし会話帳がよかったからオススメ!

この記事をシェア

海外旅行で何が困るかって、コミュニケーションだよね。

ハワイで英語ができなくても助かった。旅の指さし会話帳!

カナイダ(kanaida)です。この前ハワイ旅行に行ってきて、使えるものがあったのでオススメしたいと思います。

今回の旅行ではホノルル空港からアイランドエアーってガチローカル人しか使わないような航空会社でハワイ島に飛びました。ローカルなので日本人いない。僕たちは英語が本当に自信がなかったので、そんな時でも助かった一冊でした。

▼旅の指さし会話帳オススメ見出し

旅の指さし会話帳ってなによ?

「旅の指さし会話帳シリーズ」

60カ国以上種類があり、その地域に合わせて作ってる会話本。日本語と外国語(スペル・読み方)が絵と一緒に書いてあります。本のタイトルそのまま指でさすだけで会話ができる優れもの。

今回僕たちが買ったのはハワイ本。

開いてみるとこんな感じ。

本の中でも食事や交通などジャンルに分けて、使う場面によってまとめてあります。例えば食事をする場面だとー

Can I get 〜(〜をください。)を選んでー

fride rice(チャーハン)を選ぶ。

こういう感じ。簡単でしょ!?

実際使ってみて感じたオススメする4つの理由!

1.スマホの電波が入らなくてピンチな時も使える。

前もってwifi使えるようにしていれば大丈夫ですけど、海外でスマホは案外使えないんですよ。実際使えないと本当に焦る。スマホ内の翻訳アプリにはほとんど通信が必要ですからね。やっぱりアナログですよ。アナログが最強。スマホの充電が切れることもありますからね。

2.うすい。持ち運びが楽。

だからといって分厚いと荷物になります。だけどこの本はうすーく作られていて要点だけをまとめてあります。必要ないものは極力省かれている気がしますね。分厚いと持っていられませんからね。

3.この本を読むだけでもだいぶ楽しい。

旅の指さし会話帳の中には旅行先の文化なども書いてあります。簡単な由来であったり現地の独特のコミュニケーション方だったりと読んでいてためになります。そして絵がいいんですよ。なんかゆるくて頭に入って来やすいです。

4.そして最終的には使わなくなる。

最終的には使わなくなります。要は使ってたら覚えてしまうということですね

絵が一緒に書いてあって見やすい。頭に入りやすい。覚えやすい。本当これおすすめ。

一度は買ってみていい商品です。

モノはつかってみてわかるもの。とくに初めて使うものならなおさらです。使ったことがない方は一度試してみるといいですよ。おすすめです。カナイダでした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク