ミス(失敗)はあえてやっているんだよ?誰ってアナタだよ。アナタ。

この記事をシェア

何かミス(失敗)することは、実はあえてだよ。

失敗は自分であえてやっていること。

カナイダ(@kanaidanet) です。

「失敗」「中身」「決めつけ」が今日のテーマ。

普段「失敗しないように」って気持ちで動いているアナタや、なんでもかんでも失敗や成功でモノをみてしまっているアナタもちょっと読んでみて。何かしら気づくと思うよ。

ミス(失敗)=悪いものって意識を外す目次

ミスは自分が次のステップに進むために「あえて」引き寄せている。

働いている方は仕事中、学生さんなら部活の練習中など。その他にも生活していると「ミス」は付きもの。ミスが起こった時、アナタはどういう心境でしょうか。

「うわ‥ヤベェ‥。」って思う人もいれば

「うわ‥。でもしかたない‥。」って思う人もいれば

「おっ。失敗した。」って人もいる。

目の前に同じような物事が起こっても。感じ方は人それぞれ。

そう。感じ方は人それぞれなんですよね。ここ重要。

そもそもどうしてミスが起きるのか。

ある物事を「あっこれミスだ。」って決めて。そのミスを良いことーもしくは悪いことに感じる。

とりあえず言い切ってしまうと、ミス=悪いものと決めつけるのはナンセンス。そもそも自分でミスをするように引き寄せているから。

そして大切なのはミスの表面よりもその中身なんですよ。

大切なのはミスの中身。まずは中身に気づくために、ミス=悪いってのを外そう。

ミスは必ず自分の成長に必要なもの。とくにミスの中身です。そもそも自分が成長するためにミスをします。それは自分で決めていること。無意識に引き寄せていること。

かならずミスにつながった「なにか」が自分の成長に繋がります。その宝物を発見するためには、まず「ミス=悪いもの」って色眼鏡を外す必要があります。

ミス眼鏡をつけている人は、ミスをするたびにミスにビビり、その結果だけをみてしまします。中身がみえません。だからその結果だけを起こさないようにビクビクして「ミスをしないように」行動します。

そんな行動から生み出されるものなんて、同じミスしかありませんよ。エンドレスです。だってミスのことを考えて動いているんだもの。そうするとミスをするに決まってます。本当こういう思考過程は危ないですよ。なかなか抜け出せません。ミスが好きなんですね。

だから、まず「ミス=悪いもの」ってミス眼鏡を外しましょう。するとミスはただの物事。その物事をミスと決めつけ、そして悪いものと感じているのは自分です。自分がやっていることに気づきますよ。

その決めつけ癖は日本人はとくに強いようです。教育の問題もあるのかな?強く叱ることも背景にあるのかもしれませんね。両親から小さい頃強く叱られた方や「〜のようにしなければ」って強い固定観念持っている人は、その癖があるでしょうね。

ちょっと話がそれましたけど、要はミスの過程をビビらずにみてあげることです。必ず自分の成長のために自分で引き寄せていますから。だから怖がらずにミスりましょう。あなたが望んだミスですよ。受け入れると成長します。え?成長したくない?本当に思っていたらミスしませんよアナタ。

だから何でもやろう。考えるよりも行動だ!

頭で考えるとミスをしないようにとか、こう動いたらこうなるとか、不確実な未来を先取りして余計なことを考えます。

それより行動することですよ。ミスを恐れずにね。

今日はこの辺で。カナイダでした。

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク