【重要】ごまかさないで生きるために大切なこと。

この記事をシェア

「ごまかしてる?」って聞かれて心動いた人は読んでみてください。少し力になれますよ。

人間誰だってごまかすよ。「ごまかす=悪い」じゃない。

▼ごまかさない生き方に必要な目次

カナイダ (@kanaidanet) です。今日のテーマは「ごまかし」「認める」です。

人間生きていれば「良・悪」の選択に迫られることがたくさんありますよね。そんな時に、自分の答えがあってもスッキリ言えない場面もあります。本当は言いたいことはこれなのに。あれなのに。その場が落ち着けばいいよねって言い聞かせながらごまかしてしまう。

でも、

ごまかすのって身体にストレスです。どれだけストレスかってそりゃあ強烈ですよ。病気になるくらいストレスです。だって病気になる人の中には好きなこと言えずにストレス溜まって病気になる人もいるからです。案外多いと思いますよ。アナタはどうですか?

 今までの自分が傷つかないように脳を育てた。

脳は「考える」優れた器官。でもその優れた器官を作っているのは自分自身。僕たちは生まれてから、たくさんのことに興味をもっては吸収しています。吸収した後にこれは好きなもの、あれは嫌いなものなど価値観が生まれたり、経験を覚えます。経験の中には「失敗した経験」なども込み込みです。とくに自分で「恥」と決めつけた経験は脳が根強く覚える傾向にあるようです。

傷つきそうになったら理由をつけてごまかす。

脳はアナタが傷つかないように「失敗の経験」から、また失敗しそうになったときに、ごまかすことを選択します。だから自分でもごまかしていることに気づかないことが多いんですね。 でもどこかで気づかないフリをしていることは分かっているはず。そのごまかしに気づかないと大変ですよ。めっちゃストレス溜まってますから。

ごまかさないで生きるために大切なことは

認めることです。

【即実践】まずは認めちゃいましょう。「あ!オレごまかしたよ!」って。

「認める」これが一番大切なこと。ごまかしていることに気づかないフリをしているんだから。「あ!今オレごまかしちゃったよー!」って自己ツッコミ入れちゃいましょう。自己ツッコミ。その瞬間客観的に自分をみています。

認めて→気づく

この流れをすっ飛ばして「ごまかさないようにしよう!」っていきんでも、それ自体がごまかしている。

だから何も変わらず自分のストレスは解消されない。本当はごまかさずに生きたいってそう思っているはず。

ごまかしている自分を認め、気づいたら、あとは自分がやりたいことを選んだらいいわけです。

きっと気づいてからの選択はごまかしていないはずです。仮にごまかしていると見えてもそれはごまかしじゃありません。

ごまかさないで生きるために大切なこと

それは「認める」こと。

難しい?簡単ですよ。

カナイダでした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク