【やりきる姿勢】柳沢慎吾さんのなかなか投げない始球式が面白い!2016の最新始球式を偶然みてきたよ。(動画あり)

この記事をシェア

一味違う始球式。それが柳沢流。

本当に投げないんだもん。びっくりしちゃいましたよ。

カナイダ(@kanaidanet) です。

その知らせは突然に。

2016年8月14日。横浜スタジアムに行ってきました。スタジアムに向かっていると隣の人が

「今日って柳沢慎吾が始球式やるらしいよ。」

カナイダ「え!?」

その日偶然にも柳沢慎吾さんのなかなか投げない始球式を生でみることができました。始球式自体もすごいんですけど、あのやりきる姿勢ってすごいと思う。

バッチリ動画を撮ってきたので紹介したいと思います。

▼柳沢慎吾さんの始球式を紹介する目次

柳沢慎吾さんの始球式ってどんなの?

今年で4年目になる柳沢慎吾さんの始球式はなかなか投げないことで有名。横浜高校や東海相模高校など高校野球をテーマに選手ー実況ー応援などをほぼ一人で行う「一人野球」は面白いです。そして周りからの目を気にせずやりきる姿勢は本当にすごいなって思います。だって約8分ですよ。普通なら出てきて1分あるかないかじゃないですか?

実際にみてきたよ。その動画がこちら↓

いやー凄いですよね。

横浜ベイスターズの選手にも手伝ってもらってますが、ほとんど柳沢慎吾野球になってます。ここまでくると一人野球も凄い。

でも、一番凄いと思ったのは「やりきる姿勢」ですね。すごい。

周りの目を気にせず「やりきる。」それ重要。

この動画から思うことは一つ。一生懸命にやりきっていることだと思うんですよ。正直僕の周りに座っている人の中には「早く投げろよ〜!」って言ってる人もいました。早く投げて野球始めさせろってね。

あれだけの人がいる中にはそんな人もいて当たり前。もしその一部の人達の声を気にして気持ちが中途半端になると、やってることを中途半端に。

そこではきっと面白さは生まれない。

けれどこの人は違う。楽しそうにやりきっていますよね。

本当に素晴らしいですよね。

いろんなことに通じることだと思います。

カナイダでした。

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク