魔女の宅急便みてたらジーンときた。上京の時の気持ちが湧き出てきて、あーわかるわかるーって。笑

この記事をシェア

魔女の宅急便面白いよね。たまにはジブリもいいよ。

あ、僕かなりジブリ好きなので。笑

カナイダです。【実名顔出し】でブログを更新し始めて2ヶ月が経ちました。いつも遊びにきてくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

少し前に上京をオススメする記事を書きました。東京のいいところは個性的な人が多いからか「私は私、アナタはアナタ。」って深く干渉しないところ。距離感が素晴らしい。冷たいなんて嘘でした。むしろ暖かいんですよね。

ある場所にいると景色は同じ。上京に限らず「動く」ってことは自分の位置が変わるから見方が変わるんですよね。

どんなに、

「見方を変えよう!」

「アイデアを生み出そう」

って考えても刺激が少ないと難しい。脳も身体の一部。刺激を与えてあげるといいですよね。

それに「行動した」か「行動してない」かの差はすごく大きい。言うのは簡単だもの。

実際に動いた人は「体験」して、その時の感覚を得ることができる。

ちょっとそれるけど魔女の宅急便っていいよねー。

魔女の宅急便 [DVD]

今ブログ書きながら魔女の宅急便みてたんですけど。いいですよねー。

ジブリの上京話。

13歳の少女キキが魔女のしきたりに従い、田舎から旅立ち、知らない街で生活しながら成長していくお話。

キャッチコピーは

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

新しいことにチャレンジすると、いろんな経験をするもの。嬉しいこともあれば悲しいこともあって、あとで「あーあの時そうだったよねー」って振り返ったり。

キキを自分に置き換えてみる人もたくさんいるんじゃないでしょうか。

人間は生きていると安定を求める性質があり、マンネリ化しやすい生き物。さらに年齢が高くなるにつれて頭で考えることが多くなり、

「あーやったらこうなる。こーやったらこうなる。」

先のことなんてわかるはずがないのに、不安や心配を先取りするさきどり病になりやすいので注意が必要です。

何かを始める時に年齢って関係ないのに、言い訳にしやすいから年齢をツイツイ出してしまいがちなんですよね。

人はできる理由よりできない理由を考えることが多いので。

それにしても魔女の宅急便のオソノさん、めっちゃいい人だな。見ていて気持ちがいい。あんなパン屋さんやりたい。笑

スタジオジブリの作品は苦手って人もいますけど、僕は大好きです。本当いいですよー最近ブルーレイ版も出ているので買おうか迷い中です。笑

カナイダ(@kanaidanet)した。

魔女の宅急便 [Blu-ray]

魔女の宅急便 [Blu-ray]

もののけ姫 [Blu-ray]

もののけ姫 [Blu-ray]

f:id:kanaida:20160710153127p:plain

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク