マイムアーティスト Jidaiさんを紹介する記事

この記事をシェア

アートマイムといえばJIDAIさん。

泣く程ヤバいから一度観に行ってみて。

カナイダ(@kanaidanet) です。僕が働いている職場には個性的で変わった人がけっこういるんです。「自分は自分!」って感じでイキイキしてる。いろんな方から刺激を受けると自分も感化されますよね。

今回はオーガニックマイムを広げる活動をされている

「Mime Artist JIDAIさん」を紹介したいと思います。

東京に来て驚いたことはたくさんありますけど、JIDAIさんのマイムをみたときは。かなりの感動で涙、涙でした。ガチで泣きましたよ。

▼オーガニックマイムってなに?JIDAIさんって誰?

オーガニックマイムってどんなの?

「マイム」って聞くとロープを引く真似をしたりのパントマイムを想像しますよね。でもJIDAIさんのマイムは、よくあるパントマイムじゃない。全然違う。

一応アートマイムは「呼吸を意識した人間の感情を呼び起こさせるパントマイム」らしいんだけど。

以下JIDAIさんのHPより引用(http://jidai9.wixsite.com/jidai

オーガニックマイムとは

ステファン・ニジャウコフスキのアートマイムと日本舞踊を礎にした、ダイナミックかつ繊細で感情と動きが溶け合うパントマイム。

“オーガニック”とは「有機的な繋がり」「生命」を意味し、それは「全てはひとつ」であるということ。

身体は部分の集まりではなく、全体の中に部分があり、その部分同士が有機的に繋がっている。

心と身体の関係も同様に、分離したものではなく有機的に繋がった、ひとつのものであると考える。

ちょっと難しい‥。

言葉で説明するのは難しいので動画貼っつけました。

こういうのです↓

www.youtube.com

ヤバいでしょ?笑

ヤバいんですよー。本当クセになるー。

ここからは僕の解釈になるんですけど普段見るパントマイムと比べてー

パントマイムは何を表現しているのかは分かりやすくて理解しやすい反面、広がりっていうか人によっての自由度は少ないっていう印象。

それに比べてJIDAIさんがやっているオーガニックマイムは自分のいろんなところに落とし込めて観れるんですよね。そして不思議と心の奥をくすぐられるんですよ。

本当不思議な感覚なんですよね。

人をみているんだけど人をみていないような。

形があるようでないような。

感情が入っているようで感情が入っていないような。

表現したものを伝えているんじゃなくて表現の中に自分が引き寄せられているような、そんな感覚。

夢の中のような、わかっているようなわかっていないような。

なんかねアートマイムってよく言ったもので「芸術」なんですよね。本当すごい。

ちなみに僕がはじめて観たJIDAIさんの作品は「コウ」という作品でした。

最初は何がなんだかわからなくて、でもだんだん心の深いところから感情が湧き出てきて気づいたら泣いていました。

僕はちょうどその時、結婚して間もない頃だったんですよね。それでマイムみてたらいろんな感謝の気持ちがグーっと湧き出てきて、それが涙になって溢れたんだと思います。

やっぱりね、誰が伝えるかなんですよ。

同じ歌でも歌い手によって違うのは当たり前。さらに本人がどんな意識で伝えるかで、聞こえ方も全然変わりますよね。

もちろん意識の中には無意識があるわけで、本人が意識していなくても、それまで体験してきた経験値が表現にのって伝わると思うんですよ。

JIDAIさんのブログ読んでいると、どうしてそこにたどり着いたのか納得させられます。本当自分の身体と語り合っているんだなって。本当すごい。

blogs.yahoo.co.jp

話は逸れましたが、紹介しているJIDAIさん。

舞台だけでなく東京都内を中心に様々なレッスンを行っています。呼吸と身体の使い方を見直すレッスンや、気持ち良く声を出すボイスヒーリングなど

詳しくはこちらのHPにて。

jidai9.wixsite.com

そんなJIDAIさんをみに行こう!

↓こちらにスケジュール載っています。

日本アートマイム協会

ここまで紹介しましたけど、動画では伝わらない空気感も含めて味わってもらいたいです。もしよかったら是非行ってみてください!

不思議な体験ができますよ。

カナイダでした!

※画像はJIDAIさんのHP、Facebookよりお借りしました。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク