ハワイ島から持って帰った石をめっちゃ反省して返しに行った話。

この記事をシェア

ハワイ島の石は絶対持って帰ってはいけない。

ペレの怒りに触れちゃいますよ。

▼ハワイ島の石を返しに行った記事の目次

カナイダ (@kanaidanet) です。初めてマウナ・ケア山頂に登ったけど、泣くほど感動した話。 で紹介したマウナ・ケア山。それにはじめて登った時、僕はある間違いを犯してしまいました。

どんな間違いだったって?

それは

 

マウナケアの石を持って帰ってしまった。

んです。

これね。本当やばい。

やっちゃいけない石のお持ち帰り。

マウナケアに登ったときのこと。マウナケアのなんとも言えない景色や空気に感動しながら、山頂でウロウロしているとある石が目に止まる。

なんかねキラって光ったんです。

なんか目があったというかね。

そしたら自然と、そう自然と持って帰ってしまいました。

そう。やっちゃいけないお持ち帰りしてしまったんです。

僕は昔から旅行先のモノとか収集してしまうんですよね。今回の石も持って帰っちゃいけないことを知らずに、自然と持って帰ってしまったんですよ。今思えば「なんてことしてしまってるんだよ!」って本当反省ですが。

知らない人もいるかもしれませんが、ハワイの石は持って帰っちゃいけないで有名なんです。 

ハワイ島にはなぜか毎年たくさんの石が送られてくるらしい。

ハワイには火の女神ペレが住んでいます↓

ペレはハワイ島の火の女神。キラウエア火山に住んでいます。

とても美しい反面、負けず嫌いで思い通りにならないと火山で怒りを爆発させるという恐ろしい神様。

昔から彼女の怒りに触れることを現地の人は恐れ、讃えていたそうです。

ハワイ島では溶岩が今も流れ続けていますが、聞いた話によるとその溶岩に現地の人が被害に遭っても

「ペレのやることに文句は言えない。」と受け止めるほど。

持ち帰ると不幸を呼ぶハワイ島の石。

たくさんの人が旅行に訪れるハワイ島。

記念に火山の溶岩(石)を持って帰る人がたくさんいるらしいんですが、なぜか持ち帰った人たちに不幸なことが起こると毎年問い合わせがあるそうです。

「ハワイ島の石は持って帰ってはいけない。」

もともとは旅行者に荒らされないように現地の人が言いだしたらしいのですが、実際に持って帰った人たちから

「石を持って帰ってから良くないことが起きた。」と問い合わせや石が送られてくることが絶えないのだそう。

やっぱりそこに在るもの、とくに石には一つ一つ神様が宿るとも言われていますから、勝手に持って帰ってはいけないんですよね。

カナイダもそれを聞いてから、ハワイへ送ることも考えてたんですが、やっぱり返すなら直接返して、ペレに、ハワイに謝りたいと思ったので。行ってきました!

ハワイ島に石を返してきたよ。

二回目のハワイに到着。

今回はどうしてもマウナケア山頂に行くことは叶わなかったので、せめてマウナケアのふもとに石を返すことにしました。

マウナ・ケアのふもとへ。

奥がマウナケア山頂のようですが、さすが4000m級の山。全然山頂がわかりません。

周りを見渡してみて、「ここだ!」というところに石を返しました。

「本当にもうやりません。ごめんなさい。」

明らかに他の石とは色が違いますが。

せめて自分で返しに行きたかったんですよ。 その土地に言って謝りたかった。

でも石を返すと、なんかスーッとした。

思ったよりも自分の中に罪悪感というか、そういうのが残っていたみたいで。

石を返すとビンの栓が抜けたように、スッキリしました。きっと返しに行かなかったら一生後悔したかもね。

ペレ、本当ごめんね。

その場に感謝をしよう。そこに来れたことに感謝。

今回の旅を通して、その場を作り出している一つ一つに感謝をしたいと思いましたね。

しつこいようですが、本当もうやりません。笑

ハワイ島に行って石を持って帰ろうか思っている人がいたらやめときましょう。ペレが怒っちゃいますよ。

カナイダでした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク