赤い大根は抗酸化作用で風邪を引きにくい。

この記事をシェア

最近野菜屋さんで見る赤い大根。

コイツを食べると身体がサビにくい。

カナイダ (@kanaidanet) です。

最近、野菜にはまっていて「菜食人」に変化しています。野菜って美味しい。無農薬の有機栽培ならなおさらいいですよね。

そんなこんなで、たまプラのハマっ子によく行くんですが、そこでこんなん発見!

 ↓これ。

カブじゃないですよ?

赤い大根です。

赤い大根って⁇

こちらの記事に詳しく書いたありましたけどー

引用元(ブレインミルクの消耗 www.noratextile.com)

要は、この赤い大根を食べると

身体が酸化しにくい。(サビにくい)

ウイルスや菌に強くなり、風邪などをひきにくくなります。

今の季節には是非とりたい野菜ですね。

この赤い大根。その玄人っぽい見た目から買わない方も多いそうなんですが、そんなに高くもなく美味しい。

白い大根に比べて甘みがある印象です。

僕はサラダと酢の物にしました。

酢の物にすると大根の成分が酢に反応して、赤みが強くなります。

とても美味しかったです。

もし見つけた方は一度食べてみてはどうでしょうか⁇オススメです!

カナイダ (@kanaidanet) でしたー!

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク