田舎は住みやすい。上京したら田舎の良さがたくさん見えた。子育ては田舎でやろう。

この記事をシェア

田舎は宝の山だった。

田舎に戻ることを決意。

カナイダ (@kanaidanet) です。

少し前に書いたこちらの記事、結構読まれています。ありがとうございます。

【上京して2年】東京の人は優しい。冷たいなんて嘘だった理由。

上京して2年半なりますけど東京は個性的な人たちが多くて楽しいです。

でも、離れてみるとわかる田舎の良さ。ぼちぼち田舎暮らしを考えてきました。

▼目次

東京生活もだいぶ慣れた。

おかげさまで東京暮らしもだいぶ慣れて楽しんでます。

東京って思ったよりも過ごしやすいところ。

人も優しい。みんな苦労を知ってる。

そして何といっても情報が早い。

満員電車の辛さはありますけど、楽しくやれていますね。

でも最近「田舎の良さ」に心動かされています。子供が生まれて父親になったことも大きいようで、子育ては田舎でやりたいって思いましたね。田舎にいる間は気づかなかった田舎の良さ。少しシェアします。

田舎から東京に来て感じた田舎の良さ。

とりあえず、なんでも安い。

まずなんて言っても「物価が安い」です。

そして一番大きいのは「家賃」

家賃や駐車場はむっちゃ違いますね。下手すれば半額ぐらいで同じクオリティの家に住めます。まずは生活の拠点になる家。賃貸もいいけど田舎なら買えますよ。

新鮮な食べ物が手に入りやすい。

僕は佐賀県出身で海の近くで山もあるところで育ちました。海の近くでとれた新鮮な魚、近くの畑でとれた新鮮な野菜。破格の値段で手に入ります。というか時々貰えることもあります。

学生時代も歩いていたら近所のおばちゃんがタマネギ、トマト、キュウリとかをくれました。ボリボリムシャムシャかじりながら帰ったのを覚えています。

土地が広いからのびのび暮らせる。

都会って密集しているから基本マンションなど集合住宅ですよね。

僕はDIYとか野菜つくったりしたいので庭は必須です。場所によっては庭どころか畑もやれますよ。ベランダでプランターやらなくても「地植え」できます。

他にもDIYに必要な資源なんて、山とか普通に落ちてますから。園芸に必要な流木なんか海に落ちてます。

そしてなによりのびのびできる。

自然な音も聞こえるし田舎ならでは雰囲気は気持ちを落ち着かせてくれますよ。

僕は普段から、その場の波動を感じるようにしていますが、東京は荒れてるところが多い。

バタバタしている人たちが多すぎるので土地の雰囲気も荒れます。僕が住んでいるあざみ野・たまプラーザあたりは少し落ち着いていますが都会にいると忙しい波動にも背中を押されますね。疲れますそんな雰囲気。

田舎でもインターネットでモノも情報も手に入りやすい。

今はインターネットが普及して、amazonや楽天をはじめとしたネット通販もだいぶ浸透してきたし、情報も手に入りやすくなりました。生活しやすくなりましたよね。

やっぱり田舎だな。

これからはどこでも働けるから、安いのに新鮮な野菜や魚を食べれる田舎ってすごい。 コスパいいです。

それに最近DIYが流行ってるけど、これからは何でも自分でつくる時代がきますよ。

道具がどんどん良くなって、素人でもやれるようになる。そんなときに生み出しやすい田舎って本当宝の山だと思う。

でもそんな視点は上京したからこそ。

もし上京しなかったら、田舎の良さもわからなかったし、食に対する意識も変化しませんでした。おそらく今帰ったら、いろんなもの作り出しますよ。マジで。

ってことで、ボチボチ移住します。

オリンピックまではこちらにいようと今のところ思ってますけど、思い立ったら早いかもな。

そしたら田舎での生活をブログでも配信しますよ。田舎の家族の過ごし方。

「kanaida.net」→「カナイダ家」にブログ名変わるかも。笑

今は生き方を選べる時代。自分が生きたいように生きればいい。

女性が働くのは当たり前になっているし、男性が家事をやることもある。

縛られずやりたければやれる時代に変わってきたんですよね。「男性は」「女性は」「大人は」「子供は」で決めてたのは今までですよ。これからどんどん固定観念を外していけます。

まあボチボチ田舎暮らしに向けて意識を飛ばしていきますね。

カナイダ (@kanaidanet) でした。

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク