野菜を育てる前に土を育てる。ベランダに大きいプランターを置いた記事。

この記事をシェア

ベランダでやれるプランター栽培。

まずは土を育てよう。

カナイダ(@kanaidanet) です。

突然ですが、みなさんは野菜を育てたことはありますか?

僕は家に畑があったので子どもの頃、家の裏畑で祖父や祖母が育てた野菜を一緒に採って食べていました。有機栽培で育てた野菜は美味しい。

当時、農薬や有機栽培についての知識はありませんでしたが、美味しい野菜の味はわかるようになっていました。とにかく野菜の味が濃い。香りがいい。子どもの頃の味や香りの記憶って凄いですね。

今振り返ると野菜好きな僕の好みは、小さい頃に構築されたんだと思います。

東京に来て野菜のプランター栽培にハマった。

東京に来て二年半になりますけど、こちらに来てまず驚いたのが野菜が美味しくないってこと。野菜の形をしているのに香りがしない。味が薄い。しかも農薬まみれなのに高い!

(こ‥これは‥。)

そんなことから「よし、ベランダで野菜作ろう。」ってことに。やってみると要点を抑えれば楽しいプランター栽培。やり方はGoogleで検索すると死ぬほど出てきますからそちらで検索を。

ただ個人的に一つ言いたい。

大切なのは「土」だということ。

プランターで野菜を育てるときに大切なのは土。

プランターで野菜を育てる前に土を育てる。

からし菜なんてあっという間にこんな感じ。

生い茂ってますよ。

野菜自体のパワーってあるので、そのパワーを邪魔させないのが大切です。

生ゴミと枯葉を混ぜて肥料を作って土を作りたいところですが、今回はとりあえず既製品を使いました。

今回の方法としては化学肥料などが入っていない有機栽培用の土を買って、プランターに入れてから少しさらして耕します。とりあえずプランターを買ってきました。

プランターを買ってきたよ。

今回はアイリスオーヤマの40Lプランターを準備しました。

プランターの中央が盛り上がっていて通気性が良くなっています。土の量が多くなっても水はけが良くなる工夫ですね。

とりあえず底石を入れました。
※底石を入れない人もいますけど僕は底石入れた方が育てやすいので入れちゃいます。

今回使用した「有機栽培の土」

↓敷き詰めるとこんな感じ。

耕そう。

土の配合大切ですが、耕すのも大切。

一度水をかけて耕してあげます。

↓水をかけかけたところ。

耕します。

とりあえず完成。

1,2週間くらい、お米の研ぎ汁を足しながらときどき耕して、なんとなく「お!いいかな?」って思ったら植えます。それがカナイダ家流。

※ちなみに一度野菜を育てたら新聞紙に土を広げて天日干しします。必要に応じて石灰とか肥料とか加えるといい土になります。が、育てた野菜の種をつないでいきたい場合は土壌を大きくは変えない方がいいです。その土に慣れた子どもの野菜が育ちます。ま、なんでも様子見ですね。

とりあえずぼちぼち簡単なラディッシュから始めたいと思います!

こうやってると畑欲しいってガチで思いますね。田舎に帰ってからのお楽しみかな?

カナイダ(@kanaidanet) でした。

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク