「体に語りかけると病気が治る」って本から学ぶ健康へのポイント。

この記事をシェア

体に語りかけると病気が治るって本から学ぶ健康へのポイント!

カナイダ(@kanaidanet) です。

体に語りかけると病気は治るって本をみなさん知っていますか⁇

体に語りかけると病気は治る

Amazonレビューも高いこの本。

本のタイトルどおり

「体に語りかけると病気が治るよ?」って本なんですけど、読み返してみるとやはりいい本で、病気が治る治らないの話よりも「生き方」までもが変わる本。

実際僕も体に語りかけてケガや病気の捉え方がかなり変わりました。

実はこの本、僕が働いている職場の院長先生が書いているんです。(注:職員だからってあえての宣伝じゃないですよ?笑)

だから実際の診察も聞くこともあれば、診察後にリハビリを通して患者さんとお話することもあります。

そんな中で体に語りかけること(気づくこと)が、世の中では減ってると改めて感じたので今回のテーマは「体に語りかける。」

みなさん、頭で考えすぎずに素直に体からの声を聞きましょう。

 ▼体に語りかける目次

体に語りかけてる?

こちらの記事にも長田先生の別の本を紹介しましたけど、今の世の中に必要な本だと感じてます。

「治癒を引き出すエネルギーの秘密がわかった」から学ぶ健康へのポイント!

現在は、普段の生活の中で体よりも頭で動いている人が圧倒的に多いですよね。

「次はこれをやろう。」

「これやると、こうなるんじゃないか。」

という具合に。

だから体が喜ぶことを選べない人が増えている。今はそんな世の中。

だから病気になっても、体を休めることより

「あーしまった予定があったのに‥。」

「迷惑かけちゃうな‥。」

って予定ことばかり、頭を休めれない人多いです。

体を感じられない、体に語りかけられない人の特徴ですよね。

病気は体に語りかけてみると、よくわかるもの。

例えば風邪を引いた時。

喉は痛いし頭も痛い。

そんな時

「あー最近無理してたな‥。」

「体のことを後回しにしてたな‥。」

って病気になることで、自分の体を大切にしようって気づきます。

そんな経験、誰しもありますよね。

実は

ケガや病気は偶然起きているようで、体があえて引き起こしているもの。自分を大切に扱うために、あえてケガや病気を起こしています。

だから、今の風邪の話のように落ち着いて振り返ることごできれば、本当の原因がわかります。風邪や腰痛、腹痛なども別の原因のようで意外と同じところにあることが多いです。

頭を休めて体を感じる。

僕たちは進化の過程で「頭」が発達しました。だからもともと持つ動物的な「直感」よりも、考えることによって決定ができる。でもその反面「考えすぎ」から起こる「気の疲れ」が起きやすくなりました。

時々は凝り固まっている頭を休めましょう。自分の身体を感じると、イキイキと生活できるきっかけに気づくことができます。

体に語りかけよう。

そんな体への語りかけは、このブログの記事でも取り上げていますが、今回紹介した本にわかりやすく書いてあるので、興味がある方は是非読んでみてください。

体に語りかけると病気は治る。

自分の体に語りかけてみましょう。

カナイダ(@kanaidanet) でした。

体に語りかけると病気は治る

体に語りかけると病気は治る

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク