赤ちゃんの夜泣きの理由には親のメンタルがあった。波動から紐解く。

この記事をシェア

子供から学ぶことは多すぎる。

赤ちゃんが寝付かない時は自分を落ち着かせよう。

「波動」がポイントです。

カナイダ(@kanaidanet) です。

昨年の暮れに息子が生まれて、3ヶ月が経過しました。僕の父親歴も3ヶ月になったということですね。

3ヶ月を振り返ってみた感想は「本当育てられるのは自分だな。」ってこと。いろんなことに気づかされます。

ところで、子どもの寝付きが悪い時ってありません?とくに自分が眠たい時とかに余裕がないとますます眠らなかったりして。

今回は、寝付かない子どもを「波動」って視点から紐解きます。

自分の心の状態によって相手も変わる。

世の中のすべてのものからは「波動」と呼ばれるものが出ています。

人も犬も木も岩も水も。

すべてのものから「波動」は出ています。

「オーラ」「周波数」「氣」と表現することもありますよね。

その「波動」というものは僕たちの体から常に流れていて、通常目には見えなくても感じることがあります。

「なんか話があやしいですって⁇」

いやいやいや、この波動は皆さんも普段から感じていますよ。

例えばー

「なんか見られている気がする。」

「ん?なんとなく雰囲気悪い?」

「背筋がゾワゾワする。」

こういうのも外部からの波動を感じています。

そんな波動から子どもの寝付きの悪さを紐解きましょう。

波動は感情でも変化する。

さらに、波動は感情によって変化します。

だから

怒っているときは怒っている波動。
悲しいときは悲しい波動。
楽しい時は楽しい波動。

自分の状態によって波動は変化します。

 

少し話がそれましたけど、赤ちゃんを寝かせる時もそう。

子供を寝かせ付ける時も、子供に自分の波動が伝わっている。

「明日早いのに‥。」

「早く寝てほしい‥。」

「眠いよー早く寝てー。」

赤ちゃんがなかなか寝ない時は、そんなこと思ったりして。

でも、こういうことを実際に口に出していなくても赤ちゃんには伝わっている。

「波動」は伝わるから。

そんな焦りや不安な波動を赤ちゃんが感じ取って泣きます。理由はその波動を当てられると心地よくないからです。

だから赤ちゃんを寝かせ付ける時のポイントは

  • 明日とか後のことなんて考えない。
  • 今目の前にいてくれる子供に感謝。
  • 落ち着く。

僕たちの子供になってくれた存在に感謝して、触れ合いましょう。

僕たちの感情が波動をつくり、その波動が伝わります。

自分が落ち着くと子どもの反応はどうでしょうか。

カナイダ(@kanaidanet) でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク