【オリーブオイル好きは必見!】Olipac(オリパック)のステンレス製オイルボトルをおすすめする記事。

この記事をシェア

今回、カナイダ家ではオリーブオイルを入れるオイルボトルを購入しました。うちではサラダを食べるときに出来合いのドレッシングは使わないので、オリーブオイルの消費がとても激しい。油を扱うときは「酸化」に気をつける必要があるので今回ステンレス製のボトルを購入したんですが、それがとても良かったのでご紹介したいと思います。

ステンレス製のオイルボトルでオイルが酸化しないように気をつけよう。


カナイダ(@kanaidanet) です。
暖かくなりましたよね。昼間なんて夏のようです。
暑いのは嫌ですけど、この時期はだんだん生野菜が美味しくなるので美味しいサラダを食べる機会が増えますよね。

カナイダ家はサラダを食べるとき
「オリーブオイル」
「こしょう」
「醤油」
この3つをかけて食べていますが、オリーブオイルは酸化するので普段から気をつけています。

オイルは酸化するので気をつけよう。

【保存版】身のまわりの油には危険がいっぱい。「トランス脂肪酸の恐さ。」油セミナーに行って来たからシェアしますね。
【保存版】身のまわりの油には危険がいっぱい。「トランス脂肪酸の恐さ。」油セミナーに行って来たからシェアしますね。

↑こちらの記事に詳しく書きましたけど、油は基本的には生鮮食品なので購入するときに
「コールドプレス製法」
「酸化度数が少ないもの」
を購入し、保管するときは酸化しないように気をつけたいところです。酸化するとトランス脂肪酸が増えますので、身体に良くありません。

そんな中、たまプラーザテラス内のお店でとてもいい商品を見つけたので紹介させて頂きます。オリーブオイル好きの方は購入を検討されてもいいと思いますよ。

Olipac(オリパック) ステンレス製オイルボトル

今回購入したのはこちら。オリパックのオイルボトル。
オイルボトルと言えば樹脂やガラスでできた下のような商品を想像しがですよね。

ガラスなどはオシャレですが、写真のように遮光していない透明なものが多く、光を通しすぎちゃうのでオイルの保存には向きません。金属でもアルミとかは信用できないしー。

と思っていたらこちらの商品に出会いました。
このオリパックのステンレス製オイルボトルは他にも魅力的な点が‥

注ぎ口と受け皿がナイス。

注ぎ口が綺麗にカットされているので、ほとんど垂れません。さらに、注ぎ口の下の方に受け皿があるので、もしオイルが垂れ流れてきても受け止めてくれるので、持ち手のところが汚れることがありません。これは嬉しいポイント。

持った時にベトベトするなんて嫌ですよね。こういう細かい気遣いはありがたいです。

キャップにヒダが4つもある。漏れない。

蓋のあたりって緩いと心配。でもこちらの商品はシリコンのヒダが付いていて、窮屈にしめているわけじゃないのに、オイルを通さないようになっています。
注ぐ時も安心ですね。

感想。

実際につかってみて
「はやめに買っておいてもよかったなー」と思った次第でした。
オリーブオイルだけではなくても、普段食卓でオイルを使う人には嬉しい商品だと思います。

サイズは3つありますが250mlが使い勝手がいいように感じました。
※Amazonのリンクも貼っていますが、100ml,500mlのみだったのでご注意ください。
カナイダ(@kanaidanet) でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク