福岡空港ではロボットが手荷物運ぶんだって。でも人との関わりって大切ですよ。

福岡空港ではロボットが手荷物運ぶんだって。でも人との関わりって大切ですよ。

福岡空港でロボットが手荷物運ぶ⁇

人と人の触れ合いは無くなっていくのか。

カナイダ(kanaidanet)です。
こちらのニュースで取り上げられていたんですけど福岡空港って地元じゃないか。笑


すごいなー。

アマゾンとかの工場で小さいロボットが荷物を運んでいるのは見たことあるけど、これもすごい。しかもOMRON。

でも助かる半面寂しさもありますね。

本当に今後は技術の進化↑仕事↓なのか。

よくSNSでも「20年後消える仕事」とか特集されていたりしますよね。技術の発展でいらなくなる仕事が紹介されてたりして。
自動車は自動運転が高速道路では使われ始めているし、本当どんどんA1が入ってきているから便利にはなっています。

スーパーマーケットなどではセルフレジが一般化され。

航空会社の受付では自動チェックインは当たり前に。

少しずつ人の仕事が機械に変わる。そんな中で人の仕事が減っていることは確か。

でもここで注目したいのが、人が人と接することでホッコリするあの感情。
「温かみ」が世の中で減っているのではないか。そう感じるんですよね。

人は技術の進歩に注目するあまり失われているものに気づけるだろうか。

物事は全て表と裏がある。

人の関わりよりも「作業」の効率を高める現代。そんな時代だからロボットで代替する流れは技術と一緒に加速しそう。

僕たちは進化の過程で頭(思考)で考える能力が発達してきましたけど、もともとは触れ合うために生まれ、触れ合うことが好きな存在だから。

触れ合うために今の体に生まれてきたのだから。

もともと人間はそんなふうにできているから。

温かみを受け取ると次に伝わる。

つまり与える。
SNSが発達して地球の裏側まであっという間に声が届くようになったのに身近な家族や友達とのコミュニケーションが取れなくなっているのはどうしてだろう。

技術が発達する中で、僕たちがもともと持っている“心”のあり方を忘れないように暮らしていきたい。そう思いましたね。

まずは温かみを人に与える。
そのためには、心の余裕が必要ですよね。本当大切。ってことで心に余裕を持たせるために遊んでおきましょうか。

まとめ。

・技術が発達するなかで失われそうな温かみ。
・人と人は接するようにできている。
・現代だからこそ自分の“心”のあり方に向き合う必要がある。

カナイダ(kanaidanet)でした。