【成功者の耳は7.3cm以上】と聞いて、実際に測ってみた。

この記事をシェア

耳の大きさ測ったことありますか?

耳をひっぱる開運法(健康法)がある。

カナイダ(kanaidanet)です。
今朝Facebookをスクロールしていたらある記事に目が止まる。

「成功者の耳は7.3cm以上!? 2億当選を呼び込んだ開運法」

えぇ⁉︎そんな開運法が…。
読み進めてみると7.3cm以上なら即独立と書いてある。これは測ってみるしかない。実際に計測してみました。

そもそもどうして7.3cmなのか。

スクリーンショット 2017 05 18 21 18 10

あなたの耳の長さ(上端から下端まで)は、何センチでしょうか?
もし7.3センチ以上であるのならば、即座に商売上での独立を考えるべきのようです。

それを教えてくれたのは、神戸にある「がるそんぬ」という不思議な喫茶店のマスター。
そのマスターは手相鑑定士も兼ねており、観察と研究を重ねた結果、「成功者の耳は7.3センチ以上!」と断言します。

びっくりすることに、マスターの助言に従って耳を伸ばした人たちに、次々と幸運がもたらされています。
ここ約2年の間にも、2億4000万円の宝くじに当選した人はもちろん、5000万円、3000万円(5名)、2000万円、1000万円(9名)と、100万円前後に至っては約300名です!(ゆほびか編集部の高畑さん)(引用元:ゆほびか編集長 西田徹さんブログより)

なるほど、そういうことか。
でもこういう経験則は実際かなり当たるので、気になるところ。

実際に測ってみたよ。

ということで今朝僕の周りの職場のスタッフを測ってみました。


おおおおおおー。耳の大きさって測ったことがなかったけど、本当個人差すごい。

最後に僕も測ってもらいました。

結果は6.0cm。
うーむ、微妙だ。笑

7.3㎝って相当大きい人の耳だなこれは‥。

昔から福が来る人には共通して耳の大きさが目立つと言われる。

七福神の大黒さまや恵比寿さまに福耳があるように福耳に関する言伝えは古く。
鎌倉時代に書かれた「沙石集(しゃせきしゅう)」という本にも、
僧侶が耳たぶを売ったら幸運が逃げた。
などの逸話が書いてあるようで、昔から耳たぶの大きさは福の象徴とされてきた様子。すごいなー。

耳は伸びる。

体の部位は刺激により大きくなることは経験的に知っている人も多いですが、耳に関しても例外ではなく、刺激により大きくなることもあるそうで。

それに、耳を触る。耳を引っ張る。これ自体が健康につながります。耳はたくさんのツボがあります。とくに神門と呼ばれるツボは今とくに注目されているようです。

耳ひっぱり健康法は「ゆほびか7月号」にて、みなさん本屋に行きましょう。

その耳ひっぱり健康法は「ゆほびか 2017年 07月号」に特集されています。ゆほびかはいつも面白い情報が掲載されていて、とくに自分を大切にするウェルビーイングライフにつながる記事は読んでいて「うんうん。」と頷かされます。オススメですよー!

最後に耳が固くなってる人が多いって話。


僕は仕事柄、人の体に触れることが多いんですが、耳を含む頭部は固くなっている人が多く、とくに耳に関しては普段よく人の話を聞く人や全身の緊張感が強い人に多い印象があります。

犬や猫も危険を察知して緊張すると耳がピンッと立ちますがヒトもそうなのかもしれません。耳が硬くなっている人は「最近、気を張り過ぎかな?」と自分の体の声(反応)に耳を傾けてみるといいですよ!

ということで、耳ひっぱりやってみようと思います。みなさんもお試しあれー!
カナイダ(kanaidanet)でした。

今日のウェルビー!

・耳が7.3cm以上なら福が訪れやすいらしい。
・「耳ひっぱり」という健康法がある→「ゆほびか」掲載
・耳が疲れていないか体に聞こう!

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク