ゆとり世代の僕だけど親になって良かったー!

この記事をシェア

愛情は連鎖する。

子どもが生まれて良かった。

カナイダ(kanaidanet)です。

息子が生まれてから5ヶ月。つまり父親になってから5ヶ月。あっという間の5ヶ月。

「親になる」ってことはたくさんの気づきを子供からプレゼントしてもらえますが本当に感謝感謝の連続。

ゆとり世代の僕たち。

僕たちはゆとり世代と言われています。そんなゆとり世代は親になることを恐れている人が多いそうで。

ゆとり世代が親にならない現状。

僕達世代の親には熟年離婚をする人が多く、現在もその数は増えています。自分たちの親が離婚する中で、子である自分が両親の不仲の原因だと思い込んでいる人も多く、潜在的に子供を自分をに照らし合わせ、受け入れられない人も多いそうです。

他にも金銭的な不安や自由がなくなることへの心配も子供を受け入れられない理由なのだとか。

ふむふむ。わからないことはないんですが、それを差し引いても子供を得ることは本当に素晴らしいこと。本当に良かったと実感しています。

子供を育てるとこんないいことが。

子供を育てると記憶が蘇る。
小さかった頃の記憶は時間が経つと引き出しにくくなります。だんだん記憶の奥ヘ収納され、手が届かなくなります。

そんな小さい頃の記憶ですが、忘れたと思っていたのに突然引き出されることがあります。それは子どもと接しているとき。

自分が両親に大切にされていたこと。その記憶が蘇りながら自分の子供も大切にする。

逆にいえば子供を大切にしているのも自分の中に刻まれた愛情がそうさせているのかもしれません。愛情って連鎖するんですね。

カナイダ(kanaidanet)でした。

今日のウェルビー!

・子育ては得ることがたくさんありすぎて感謝感謝。
・自分の中に眠っている小さい頃の記憶が引き出される。
・自分が親になることで自分の両親にも感謝が生まれる。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク