【デル株式会社が募集】僕の友達がWEBで人生をさらけ出していた。

この記事をシェア

僕の友達がWEBで人生をさらけ出していた。

デル株式会社がアナタを求めている。

カナイダ(kanaidanet)です。この前なんとなくFacebookをみていたら衝撃が。僕の高校時代の友達「キクチくん」がWANTEDLYの記事に載っている。

その記事は突然目に入ってきた。

合コンでまったくモテなかった自分が、ITコーディネイター試験に合格しデルのインサイドセールスに挑戦し続ける理由。
スクリーンショット 2017 06 18 16 49 09

「え!キクチ!?」

彼の顔を久しぶりに見たのがFacebookのWANTEDLYページ。そりゃ驚きますよね。まさかこういう形で再会するとは。

高校の同級生キクチくん。

9e71e978 dc99 4d5e 8af9 3e5798ea9391
(写真の参照元)

キクチくんはカナイダの高校時代の友達。地元のボート部では、ともに切磋琢磨した仲。

当時から何事にも恐れず突き進む前向きさと、持ち前の優しさで人から好かれる存在だった彼。

現在はデル株式会社で営業職についている様子。「彼の性格なら営業合うだろうなー。」そう思いながらリンク先の記事を読み進めました。

現在はデル株式会社でインサイドセールスを行なっている。

最近よく聞くようになったインサイドセールス。キクチくんが働いているデル株式会社では彼と同じようにインサイドセールスで活躍する仲間を募集しているらしい。これは興味がある方にはチャンスじゃないだろうか。

インサイドセールスって?

インサイドセールスとは、電話やメールなどの非対面の手段を通じ、お客様とのコミュニケーションを取る営業活動のこと。(※反対に、実際にお客様へ訪問し、対面型のコミュニケーションを取る従来型の営業はフィールドセールスと呼ばれたりします。)

ざっくり言うと、直接会わなくて営業活動することか。
逆に、外回りでお客さんと会うのはフィールドセールスと呼ばれるらしい。

国土の狭い日本では昔からお客さんと直接会うことが第一と言われ、外回りの営業が重んじられていた時代もあったそうですが、アメリカなど国土が広く、効率さを優先する国では直接顧客と会わなくても行えるインサイドセールスが発展してきたそうです。

なぜ彼はインサイドセールスを選択したのか。

インサイドセールスは距離こそお客様とは離れるものの、間違いなく一番お客様に寄り添えるポジションであること。

また、電話やメールであれば訪問するよりも圧倒的にたくさんのお客様とコンタクトをとることができ、結果として短期間で多くの経験値を得て、それだけ成長できること。(byキクチくん:引用元

などほどー。確かに今はインターネットによるサービスも発達しているし、SNSなどを通じて潜在的に買いたい衝動を持っている顧客に対しても、宣伝しやすいのはインサイドセールス。今の時代に求められている営業じゃないのかな。

それにしても、彼のさらけ出し方がいいですよね。

webで顔と名前、人生をさらけ出すこと。

リンク先の記事を読んで思ったんですが、人生のさらけ出し方が気持ちいい。
このブログも実名顔出しでやっていますが、顔だしってなんか靴をぬいて裸足でやっているそんな感覚なんですよ。

「自分がどんな人間なのか。」それをさらけ出すと、話していても潜在的に乗るものがある。同じことを言っていても言葉の重みが違います。

彼みたいなさらけ出し方は好感が持てます。

デル株式会社はアナタを求めています。

話が逸れましたが、デル株式会社はアナタを求めています。
こちらの記事を読んで興味が湧いた方は申し込んでみててください。

正直、読んでいたら僕も興味が湧いてます。笑

合コンでまったくモテなかった自分が、ITコーディネイター試験に合格しデルのインサイドセールスに挑戦し続ける理由。
スクリーンショット 2017 06 18 16 49 09

今後、キクチくんがどのように活躍していくのか楽しみです。
カナイダ(kanaidanet)でした。

まとめ。

・やはりウェブで実名顔出しで書かれている文章は力強い。響いてくるものが違う。

・その人がどんな人生を送って、何をやっているのか。それは聞いていて面白い。

こちらの本もおすすめ!

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク