生まれて初めてのタロットカードの結果はこれだった!maikoさんのタロットをオススメする記事。

この記事をシェア

タロットカードで自分を知る。

生まれて初めてのタロットカード!

カナイダ(kanaidanet)です。
この前生まれて初めてタロットカードをやってもらいました。姓名判断や占いなどは殆どやったことがないカナイダ。これまでやったことがあるのはカフェルンバルンバで手相をみてもらったことでしょうかね。

↓不思議カフェルンバルンバに関する記事はこちら。

・カフェの中で瞑想!?生まれて初めて手相をみてもらったその場所はカフェルンバルンバ!
・代々木のカフェルンバルンバで手相をみてもらった。あれがこのブログを書くきっかけ。

生まれて初めてのタロットカード。

「神々の心のタロットカード」


お友達のmaikoさんがやっている「神々の心のタロットカード」このタロットカードは「日本の神様」「神話」と、現代に生きる僕たちとの意識をつなげ、感じて生きることをきっかけにすることができる神聖な道具。

(これは何かのタイミングかなぁ……。)

と感じたので、実際に占っていただきました。そしたら実際すごくよかったんですよ。

実際に占ってもらったよ。


カードを切って、配置されていく。

ドキドキです。

カナイダに出たカードはこちら。


ざっくりとカードの配置は

・中心が現在。左が過去で右が未来を意味する。
・上段が自分の外側
・真ん中が自分のメインのタイムライン(悩みの解決が含まれる)
・下段が自分の内側

を意味する配置でした。

以下、結果。

<これまでから現在までの自分の傾向>
「いろんなことに我慢して歩み寄っていた状態があった。」

<現在から未来>
「自由じゃないところに降り立つけれど、そこから自由を切りひらくー」
「一旦隠れたくもなる現実があるけれど、積み上げたものを信じて自由になるー」
「30代後半くらいから種まきの時期へー」

なるほど。

今後は自由じゃないところから自由をつくる。これが一つのテーマだったようです。

結果から感じだところ。

今回のタロットに求めた僕のテーマ(悩み)は「今後」についてでした。
実際にタロットを進めると、自分を内観すること(自分の心に問いかける作業)を通ることになります。結局は自分の中に答えがあるのですが、個人的に自分の考え方を肯定されるような感覚でしたね。「すっきり前に進める」そんな感覚になりました。

カナイダは来年あたりから変化が強く生まれる年なので、お話聞いていると、そこにもフィットしていることから動きが起こることが予想されますね。

まとめ

自分と向き合うことが◎

今回maikoさんからの受けたタロットでは自分と向き合うことがポイントになります。このブログでも紹介しているように、答えは外側ではなく自分の内側にあります。やはり内側に向き合うことが大切になりますよね。

幸せは人との比較ではなく自分の内側にあるもの。自分の幸せの形を求め、自分らしく生きることが結局は自分の幸せになります。

そのための要素が今回のタロットカードには込み込みになっていました。本当ありがたい時間でしたね。

maikoさんのタロットに注目!

今回は触れていませんが、マヤ暦も一緒に行えるmaikoさんのタロットはかなりオススメです。カードから語りかけてくる情報だけではなく自分と向き合うことができます。そこが大きいです。

今後も活躍の場が増えるmaikoさん。
今後もWell-being Magazine.で追って情報発信しますので、気になる方は注目ですよ。

今回学んだこと。

・はじめて受けたタロットカードで自分を内観することができた。
・タロットカードを受けてみて、今後の自分を後押しすることができた。

以上!<生まれて初めてのタロットカードの結果はこれだった!maikoさんのタロットをオススメする記事。>でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク