富士山の五合目に行くのにEV車(電気自動車)をオススメしない3つの理由。

この記事をシェア

EV車で富士山五合目に行ってきた。

正直実用的じゃないけど時間に余裕があるならアリかもなー。

カナイダ(kanaidanet)です。
前回記事で書きましたけど、この前富士山に初めて登ってきました。

↓その時の記事はこちら。
富士山に初めて登った感想。弾丸登山のメリットとデメリット。

結論から言えば、EV車で富士山五合目に行く時は、時間に余裕を持つことと、給電場所や確認書の取得についての下準備が必要です。

EV車で富士山五合目に行く。

7/10~9/10の期間中はマイカー規制といって、普通のガソリン車やハイブリット車で五合目まで直接行くことは禁止されています。(御殿場ルートは大丈夫ですが、このルート自体初めての人は現実的ではない。)

富士山マイカー規制について(静岡県公式ホームページ)

そのため実際富士山五合目までの行き方は

①富士山五合目までの直通バスで向かう。(新宿などより)


②富士山に北嶺駐車場にマイカーを駐車して、シャトルバスで五合目まで登る。

しかし今回実施した僕達の弾丸登山では、シャトルバスの最終には間に合わない。そこで、EV車を利用して五合目まで向かうことにしました。

実際にEV車で富士山五合目に行ってきたよ。

今回レンタルしたのは日産の「e-NV200バン」
走行距離は190kmと公式ホームページに記載がありますが、実際は満タンで70kmほどでした。

そのため東京駅→富士山五合目まで3回の給電が必要でした。


EV車で富士スバルラインに行くためには、北嶺駐車場で
「確認証」
を頂く必要があります。

富士北麓駐車場に到着。

ネットで情報を調べていると富士北麓駐車場は24時間営業。ただし電話の通じる富士北麓観光場は20:00まで。事前に山梨県の環境課に聞いた話だと料金所の横に人がいて「確認証」を渡してくれることになっている。

(ほんとにいるのかな…)

ここを通過しなければ登山開始は明日の朝までお預け‥

(……。)

いた!笑

聞きてみるとマイカー規制期間中は駐車場が開いている時間(24時間)は3回交代制で人が必ずいるそうで…

本当、お疲れ様です。

無事、確認証を取得した僕達。

(よーし!さっそく五合目に…)

と思っていたら五合目まではe-NV200バンの走行性能ではいちどフル充電しないと往復出来ないことが判明。

北嶺駐車場の充電スタンドは20:00で閉まるため、河口湖よりの急速充電器を探し向かうことに。


ここでフル充電して、無事富士山五合目に到着。

登り始めは20:00という当初の予定より4時間以上遅れて0:22。

その後は弾丸でしたね

今回の経験をふまえて、EV車で富士山五合目はどうだった?

結論からいえばオススメできない。

・急速充電でも30分かかり大幅に時間をロスする。

・充電スタンドが少ない。

・電気自動車特有の残り燃料の分かりにくさに気持ちが落ち着かない。

ただし、マイカーが止められるスバルラインをシャトルバスなしで登れるのは爽快でしたね。

もし借りるなら日産リーフの新型とかがオススメですね。

以上!<富士山の五合目に行くのにEV車(電気自動車)をオススメしない3つの理由。>でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク