東京に来て田舎って素晴らしいところだと気付いたからボチボチ移住します。

この記事をシェア

上京したからこそ田舎の良さが分かった。

田舎は宝の山だから。

カナイダ(kanaidanet)です。僕は佐賀県出身で昔福岡で働いていたんですけど、3年前から東京の大田区で働いています。

上京した頃は東京の空気に慣れず
「うわ‥マジで帰りてぇ‥」って思ったものですが、しばらくすると人との距離感を大切にする東京が好きになりました。

僕ってあんまり干渉されるのが好きじゃないので土足でドカドカ上がってくる田舎の人たちは少し苦手だったりします。

でも東京で過ごした3年間で
「私は私、アナタはアナタ。」って意識が芽生えて、周囲を気にしなくなったからこそ、子育てもしやすい田舎に戻ろうと思っている次第です。
ってことで今回は「東京にない田舎の良さ」がテーマ。結局は好みの話になるんですがね。

↓ちなみに上京迷っている人が読むべき記事はこちら。
【上京して2年】東京の人は優しい。冷たいなんて嘘だった理由。

東京に来てわかった田舎の素晴らしさ5つ。

①家賃が安い。

もはや地方より安いものなんてないよ。
何と言ってもこれ。毎月必要な固定費は抑えておきたいところ。東京ってなんでも高いけど一番は家賃。地方と同じクオリティのところに住むには家賃が高くなるので上京予定の方はお気をつけを。僕は予定の予算よりも2万くらい高くなったのを覚えています。

話は逸れますが、家を選ぶときは知り合いに必ず聞きましょう。不動産屋はいいことしか基本言わないので、治安なども含めてどんな土地なのか調べることが大切です。僕は東急田園都市線のあざみ野・たまプラーザあたりに住んでいます。

治安が良くてたまプラーザはお店が多くて、二子玉川にはライズまであるので買い物するにはとても便利ですね。ただその反面、田園都市線の通勤ラッシュは東京でもかなりヤバいので、その点はびっくりしました。家を決めるときは通勤ラッシュの程度や夜の治安、周りのスーパーのクオリティや値段あたりは知っておいた方がいいですね。とりあえず家賃高いです。

その点、自分の田舎なら土地のことも知っているうえに家賃相場が分かりやすいので選びやすいですよね。そして安いんですよ田舎は。
車で30分で博多まで行ける福岡郊外とか狙い目ですね。あーワクワクする。

②自然が近い。

自然に近いというか、自然の中に住める。
僕は個人的に緑がないと疲れが溜まりやすい体質のようで。東京に来てからは家に観葉植物を置くようになったり、時々自然があるところに行きたくなったり。禁断症状のように自然を求めることに気づきました。

田舎では自然の中で暮らすような感覚なので、その心配はなさそうです。それにしても自分が自然を求めるなんて田舎にいるときは気づきませんでしたね。これも東京に来て気づきました。
ラピュタでシータが言った
「人は土から離れて生きられないのよ。」って名言がありますけど、まさにその通り。
アスファルトだらけのところより緑のあるところで暮らすことが身体にはいいのだから。

人が少ない(人口密度が低い)

人嫌いなわけじゃないんですが、適度な多さってあるじゃないですか。
僕は人混みが苦手なので、極力人間がいない方がいいです。笑
はじめて渋谷のスクランブル交差点に行ったときは人酔いして渡りきれず帰りましたから。笑

先輩とかからは「人混み?慣れるから。」って言われていましたが慣れるのも怖いですよね。満員電車なんて人とひっつきもっつきもうね。何が触れるかわからない空間ですからストレスもたまります。スマホでツンツンされたり親父さんの頭が口や鼻についたりして。笑 

田舎=家族がいる。

サポートを受けれる。
自分の田舎ってことは自分の家族がいます。もちろん友達も。
とくに家族からは野菜をもらったり、子供をみてくれたり何事もサポート受けやすいです。何事も助け合いですから。意地はったりせずに甘えるところは甘えていいんですよね。今までは核家族が多い世の中でしたがこれからは同居が増えるんじゃないかな。家買う人も減るだろうし。

資源が転がっている。

DIYのレベルが違うのは資源がすごいから。
田舎のDIYのレベルって全体的にすごい。それは技術だけの話ではない。
どうしても技術じゃ超えられない壁があるんですよ。
それは「資源」
東京では流木を売ってますけど、僕の田舎とか普通に拾えますから。笑

流木だけじゃなくて知り合いの山に行けば、だいたいのものは手に入ります。買わずにGETできる機会が多いんですよね。それってすごいこと。

やりたいことを実現するときに予算ってどうしてもかかるので、想像したものから規模を下げがち。でもそれがタダで手に入るのなら想像通り、もしくはその上を行きますよ。

しかも田舎って道具をたくさん持っている家庭が多いから借りれば道具代もかかりませんからね。そこも助け合いだから遠慮なくお借りして関係をつくっていくのが◎です。

まとめ

東京の良さも捨て難いけど僕は田舎だな。

これからはつくる時代だから。
道具が発達して個人に出来ることが増えているのが今の世の中。
DIYにしてもブログにしても、個人ができることがどんどん増えている。
生み出す人間からすると、もう食われまくっている東京よりも地方に移住して田舎暮らしする方がよっぽどいいです。仕事があって暮らしを求めるのではなく、暮らしの中に仕事があるように。

住む場所というのは生活の土台ですからね。

東京も好きですけどやっぱり田舎だな。
おそらく今年度中に田舎に帰るので、また決まればボチボチブログで報告しますね。

繋がり求む!

いつもWell-being Magazine.に遊びに来て頂きありがとうございます。たくさんの方に読んでいただいているので本当嬉しいかぎりです。

もしブログを読んで共感できる方、是非連絡ください。
かるーく絡みましょう。笑

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク