オススメの片耳bluetoothイヤホン「EnacFire」を使ってみた感想。

この記事をシェア

片耳のBluetoothイヤホンという選択肢。

実際使ってみたら凄く良かったのでオススメします。

最近の片耳Bluetoothイヤホンは凄いのだ。

カナイダ(kanaidanet)です。この前、EnacFireのbluetooth片耳イヤホン を購入したんですが凄く良かったんですよ。こんだけいいのなら早めに買っておけば良かった。悩んでいる方はとりあえず買いですね。

ってことで今回は巷で人気の片耳Bluetoothイヤホンのオススメレビューです。興味がある方はどうぞー!

どうして片耳イヤホンにしたのか。

最近はiPhoneのイヤホン端子廃止に伴ってBluetooth市場が盛り上がっているのが気になっていました。

音質的には有線だけど活動している時は音質ってそんなに気にならない。さらに電車とか乗るときはアナウンス聞きたいし。
「それなら片耳か。」って思った次第でした。
ランニングやその他移動中の両耳イヤホンってけっこう危ないのでね。

開封の儀。

実際にイヤホンつけてみたよ。


Amazonでちょうどセールになったので2000円程で購入。
そのせいか最初のお届け予定日よりも1日遅く届きましたが、安いだけに文句は言えません。届いてみると思っていたよりも高級そうな箱に入っている。
2000円程度のイヤホンにこういう箱がついているなんて…ちょっぴり嬉しい。

だいたい手のひらサイズくらいの箱に全て入っています。

スーッ…

おおー。
ケースもついているので安心ですね。


中には
・イヤホン本体
・受電器×2
・イヤーピース小×3
・イヤーピース中×1
・イヤーピーズ大×1

が入っていました。
イヤホン本体を手にとってみる。


小っさ!!笑

こんな小さいの!?

手のひらの上に乗せてみてもこんな感じ。
少ししない間にBluetoothイヤホンって本当進化しているんだな。

充電器も良い感じ。

何がいいかって、まず2つあるということ。
USBなので自宅ではもちろん、外や車の中でも充電しやすい。

充電する場所が決まっているなら、それぞれに置いておくこともできます。
またこのイヤホン専用の充電器なので万が一紛失しても2つあることで買い直す必要もありません。

くの字に曲がるところも自由度が増していいですね。
とりあえずイヤホンと連結させてみました。


「スチャッ」
おおー。

この充電器はマグネット式になっているのでスチャッって感じで綺麗にくっつきます。他のメーカーからも同じような商品が出ていたのですが、この商品に決めた理由の一つがこのマグネット式の充電器。

マイクロUSBだとアダプターの入り口にホコリや汗が入る可能性があるので、このマグネット式ならそんな心配もないので◎ですね。


説明書はこんな感じ。
この裏には細かい使い方なども買いてありました。


↑実際につけてみたところ。
見た目もそうですが、つけてみても全然気になりません。軽くてしっくりきますね。

まとめ。

実際つけてみると、かなり良い感じ。具体的に何がいいいかまとめてみると、
・軽い。さらに無線なのでつけてる感じが少ない。

・音は思っていたよりもいい。最初iPhone7で音楽を聴いてみると少しこもった感じがする。でもHFplayerでイコライザーいじると全然問題ありませんでした。

・電車の中での使用でもBluetooth環境が悪くなったり今の所感じないので問題ありませんね。

・今日ランニングで使いましたけど、走っている時も外れるような不安は全然ありませんでした。

・通話も周囲が騒がしくなければ問題ないですね。iPhoneの純正イヤホンよりも少しこもるくらいです。

・言わせてもらうとしたら最小の音量が少し大きめかな?ってところ。

前のモデルもアマゾンで高評価だったのですがイヤーピースのサイズが一種類だったのが気になってやめておきました。デザイン的にはそちらのほうが好きだったんですけど。

まあ、とりあえず満足です。
おすすめですよー♪
カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク