ムツゴロウの食べ方。エイリアンのようなコイツをはじめて食べた感想は…!?

この記事をシェア

エイリアンのような見た目‼︎

ムツゴロウの姿焼きを初めて食べてみたよ。

カナイダ(kanaidanet)です。

いまちょっと地元佐賀に里帰り中なんですが、今日とんでもないもの見つけたので食べてみました。

↓コレです。

おおおおおおおおお!
なんじゃこりゃー‼︎
…佐賀にはいち早く地球外生命体が存在したのか。

口も鋭い。バイオハザードっぽいな。

(それにしても、これは何て魚だろう…)
近くにいる店員さんに聞いてみると意外な回答が。

「これムツゴロウですよ?」

「え…⁉︎」

エイリアンの正体はムツゴロウだった。


ムツゴロウと言えば干潟でペチペチと飛び跳ね、愛らしい眼が特徴のあるこれのこと。日本では有明海と八代海に存在する魚。

調べてみたところ現在絶滅危惧種に挙げられながらも佐賀では郷土料理として食べられ続けている。

(まさか姿焼きになると、こんなに見た目が凶暴になるのか…。)

これも何かの縁。とりあえず実家に帰って食べてみることにしました。

ムツゴロウの姿焼きの食べ方。


ー佃煮が◎ー
購入先のお店で聞いてみたところ、ムツゴロウは甘辛く佃煮風にすると美味しいのだそう。

ということで、今回は酒、みりんで煮て、醤油を途中足して、最後に砂糖を少し加えて煮詰めました。
真っ黒だった彼らは煮詰めることによってさらに黒さを増しています。


完成!!

うわー、すごい口。
これから食べるのに逆に食べられそう。

ムツゴロウを食べてみた感想は?


ーけっこうウナギっぽいー
身は白身っぽく、食べてみると不思議とウナギに近い味がします。もちろんウナギの方が美味しいですけど、ムツゴロウは少し野生の味がするというか身体にいい味がしますね。

一緒に食べた家族に聞いてみると、わりかしみんな嫌いではなく、どちらかというと好きなようでした。
絶滅危惧種のムツゴロウが現在も食べられている理由がなんとなく分かりましたね。

佐賀に来たらムツゴロウが食べれるよ。

「佐賀には何もない」そんな声もチラチラ聞きますけど、実際過ごしてみると正直宝の山ですね。

食材は新鮮かつ種類も多く、変わったものもたくさんあります。もともと自然が豊かなので食に対する土台がしっかりしているからでしょう。これはとても素晴らしいこと。素敵です。とりあえず帰省中はいろいろと楽しんでみたいと思います。やはり田舎は素晴らしいですよ。

それにしても迫力ある。

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク