つい200年前までは東京から三重まで15日かけて行ってたんだ。

この記事をシェア

このご時世、国内なら距離は気にしなくていいよ。

来たけりゃいつでも来れるから。

カナイダ(kanaidanet)です。

一週間の里帰りを終えて、無事東京に帰ってきました。今回の里帰りはいくつか断捨離したいことがあったんですがそれも無事に終えました。そのことに関することは、ここ数日で動きがあるので、また後日報告しますね。

話は逸れますけど、やはり何かを決定づける時って、自分の意思にに頼ることも必要ですが、環境を変えてみてパワーチェンジしてあげると、そんなに努力することなく決定づけることができます。僕の場合は今回帰省してお会いした方々の影響がとても大きかったです。ありがとうございました皆さん。

それにしても今回移動中に思ったんですが、東京と地方って本当遠くない。

今更だけど飛行機ってスゲエ。

お伊勢参りを例に上げると、今から約200年前の1800年あたりは江戸から伊勢まで行くのは片道15日間をかけていました。
15日。約半月。
往復だと一月。

だから当時はお伊勢参りを「一生に一度は…」と表現されることがあったそうです。そんな時代から現代までたった200年。そう考えると産業の発達って凄まじいですよね。

今は東京から片道約2時間で九州に行ける。

ー日帰りも可能ー
そう思えば上京がハードル高いなんて昔の話。地方で仕事辞めて、高給を望まなければいつでもチャレンジできます。選択肢が徒歩なら厳しいですけど、今は空飛べるんですから。

少し本気出せば日帰りも可能です。飛行機代も安くなりましたしね。上京したい方も地方に行きたい方もウズウズしてるなら行っちゃいましょう。

簡単ですから。

そんな勢いで決めちゃったよ。

そんな勢いで今日あること決めました。決めたことはカナイダ家の今後を左右するようなことですが、決めたあとは意外と気持ちいいもの。快感ですね。

最近どんどん変態化してる気がする。
それもこれも最近読みなおした「のだめカンタービレ」のせいかな。変に思い切りがつくので危険です。この手の漫画は中毒性ありますね。

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク