男性も家事レベルを上げよう。自炊はもはや必須能力だ。

男性も家事レベルを上げよう。自炊はもはや必須能力だ。

家事スキルは生きるためのスキル。

昔、こんな記事を書きました。
関連記事:里帰り出産を旦那目線でオススメする理由。しないなんてもったいない。

その頃カナイダ家では妻が初めての出産を控えていました。僕達夫婦は二人とも九州出身。

そんな中、里帰り出産をすることになりました。周りにそのことを報告すると、

「え?奥さんいなくて大変でしょう。」
とか、
「寂しくなるわねー。」

などネガティブな発言を当てられました、が。

蓋を開けてみると意外と楽しい。

男性の一人暮らしは家事レベルを上げよう。

実際、僕はその間の三ヶ月で家事レベルが飛躍的に向上していました。

料理には興味があって、むしろ好きな方。それに、もともと鼻が凄く効く体質なのと、添加物よりの食事とかは身体に合わずお腹を下してしまう方なので外食はあまりしない。そうなると自炊が多くなるんですけど、なにより安心感があるし、自分の新たな好みも発見できます。これって凄いこと。

九州男児のイメージは変わりつつある。

僕は一応世間で言う「九州男児」に当てはまりますが、皆さん察しの通り、あーいう九州男児のイメージからは程遠い人間です。

父の世代まではTHE九州男児的な人って多かったのですが20代の僕達は明らかにそうでない人間が増えています。

「弱々しくなった」
「男は仕事だけやっとけばいいんだ」

いまだにそう言われることもありますが、家事レベルを上げることは、一人でも生きていける技能を獲得することですから、言い換えれば「生きるスキル」を学ぶことになります。それって素敵なこと。

だから、妻が里帰りする期間は男性が男性らしくを超え、人間らしく家事レベルを上げるきっかけでもあります。

なによりレベル上げには経験値だから。

ドラクエやってる人はわかると思いますが、レベル上げるためには経験値が必要。レベルが上がると様々な特技や呪文を唱えるなど出来ることが増えます。

僕達の日常にもそれは言えて、なんでも「やってみること」です。

「男はやらない」
だの
「女はやらない」
だの。

今までの誰が決めたか分からない、軽い差別用語には引っかからず、自分が

「こ…これは…」
と思ったことを信じてやることが大切ですよね。

ちなみに、なんとなく変わったものが好きな方へオススメの料理本があります。

「きずなのごはん」
↓この本オススメですから、気になった方は是非見てみてください。

関連記事:「きずなのごはん」って本から「食」について、「生き方」について学んだよ。

食を見直すことは生き方を見直すこと。
自炊オススメですよ。
カナイダ(kanaidanet)でした。