【恵那花の木ファーム】岐阜県中津川で無農薬・無肥料で育てた奇跡の焼き栗を頂いた。

この記事をシェア

栗で無農薬・無肥料という奇跡。

優しい味がしましたよ。


カナイダ(kanaidanet)です。
すっかり秋ですね。今日なんて秋というか冬に近いかも。最近春と秋が短くなってることを感じますね。

そんな中、お知り合いの方に「恵那 花の木ファーム」さんが無農薬・無肥料で育てた奇跡の栗を頂いたので、食べてみた感想を綴りたいと思います。

恵那 花の木ファームさんの栗。


こちらが、その商品。
岐阜県中津川にある恵那 花の木ファームさんが、無農薬・無肥料で育てた栗を丁寧に焼き栗にしてあります。こちらの農園の三尾さんは添加しないことにこだわりを持ってらっしゃるそうで、個人的にその考え方にはとても共感できる。

↓ちなみに三尾さんのブログはこちら。
恵那 花の木ファーム
今後栽培に興味を持つ僕としても、いろいろ参考にさせて頂いています。面白いですよ。更新頻度も高いです。

開封。


僕は割と鼻が効くほうなんですけど、まず開けると香りがいい。


けっこうたくさん入っています。ありがたい。


今年初めての栗だったので、ドキドキです。


割ってみます。


パキッ。


おおおお!
綺麗‼︎

さっそく食べてみます。

実際食べてみた感想。

口に入れてみるとなめらか。
甘さは控えめですけど、優しい味がして美味しいです!

僕は九州の田舎の出ですけど、小さい頃は祖母の畑の隅に落ちた栗をよく頂いていました。その栗に似た味がして、懐かしくなりながらその後も頂きました。

優しい。美味しい。

トースターで温めると甘みが増します。


甘さを増したい方は、トースターで温めるのも◎です。甘さがまして、香ばしくなりますよ。

自然のものって素晴らしい。

東京で働き始めて3年。九州から離れてみて自然の中で生まれたものは、本当にキラキラ光っていて、それでいて本当に優しい。

そう思うこの頃。

「奇跡のりんご」の木村さんの記事でもお話しましたけど、今の時代、家庭菜園レベルではとくに無農薬での栽培が必要となってくる予感がビリビリしますね。

関連記事:今更だけど「映画 奇跡のリンゴ」を見て自然栽培について考えた。

それにしても、美味しかった。
こんな優しい味の栗が増えてくれるといいな。
Well-being Magazineは「恵那 花の木ファームさんを応援します。
カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク