スノウピークのチタンマグ450と600で迷ったら450にしときましょう。

この記事をシェア

このチタンマグが売れている理由がわかった。

それくらいスノーピークのチタンマグ450がすごい。

カナイダ(kanaidanet)です。
こちらの記事で、ステンレスクッカーでの炊飯について触れてから、「カナイダさんはいつからそんなアウトドアスキル高くなったんですか?」とか「意外とマメなんだね。」とか声かけてもらいましたけど何しろ楽しいんですよ。それだけ。

関連記事:ステンレス製のクッカーで美味しくご飯を炊く方法!必要なのはアルミ板だった。

みなさんもハマりますから登山やキャンプで米を炊いてみてください。

それと、アウトドアで「行こう!」と欲求を高めるためにはいい道具を選ぶことは大切なことです。価格だけではなく自分にフィットするかが大切です。

今回ご紹介する「スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 450」もその一つ。

この商品は人とかぶるくらい定番と言えば定番なんですが、実際に登山で使用してみて思った以上に良かったのでシェアしておきます。

チタンマグ450


まずは絶妙なサイズ感。
450の底の直径は一般的なサバ缶がすっぽり入るくらいです。600とも迷ったんですが600はもうクッカーに近いです。コーヒー飲もうと思ったらサイズが合わない。

僕は基本的にソロですから一人分の量を上手に使えればいい。それに個人的に「アウトドアで使うものは普段から生活の中に溶けこませたい」こだわりがあるので。日常使いにも少し大きめくらいでちょうどいいです。600はね普段使いには大きいです、

サバ缶の簡易どんぶりとカレーうどん。


水煮のサバ缶と袋のカレーうどんで、簡単な山ごはんにしました。

チタンマグ450にはサバ缶もぴったりですが、うどんやラーメンもぴったり作れます。

ただしそのままの分量で調理すると水が溢れますから、麺がほぐれる程度少なめに水を入れます。

もちろん大きめのクッカーはゆとりがあって作りやすいでしょうが、もともとはマグカップですから。メインはマグカップ。時々ご飯にもくらいがちょうどいい。


うどんを煮るときもこんな感じ。

スタバのヴィアを飲んでみた。


ドリップして香りも楽しみながら…は理想ですが、軽い登山ならスターバックスで売ってるヴィアがオススメ。要はインスタントコーヒーなんですが、さすがスタバ。美味しいです。

お湯から入れて、ヴィアを投入。


出来上がり。ドリップには負けますがとりあえずコーヒー飲みたいときは問題ないです。

とりあえず僕は日常から非日常までチタンマグ450を使い倒してみます。70gと軽いですから迷ったら買っておいて損ないですよー!

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク