引越の時は断捨離して、気持ちにも整理をつけよう。

この記事をシェア

福岡まであと3日。

さむ。

カナイダ(kanaidanet)です。

年末に近づくにつれて、寒さも一段と強さを増していますね。カゼやインフルエンザも流行り始めて、なんとなく冬って感覚も強くなりました。

インフルエンザの予防はワクチンに頼るのもアリですが、最終的には自分の免疫。ご自分の「心・体」をみて、忙しい流れに乗りすぎず穏やかに年末年始を迎えましょう。

そんなこと言ってる僕ですが、いよいよ福岡へ帰還するのが近づいてきて、ちょっぴり例年よりもバタバタする年末年始になりそうです。

福岡近づいてきた。

今日は12月18日…。
明日、12月19日が最後の出勤。
明後日12月20日は引越。
そして12月21日の早朝の便で羽田→福岡へ

おおっ!
今日含めてあと3日!
これだけ見ると、かなりバタついてますね。笑

いいんです。ちょっぴり客観視しましたから。ケアしますので。

それでも、改めて書きだしてみると、ますますあっという間になりそうですね。いよいよ福岡かー。

帰ったらサイトも様変わりしますよ。

今回はカナイダ家のいろんな事情で帰るのを決めましたが、せっかく帰るのなら田舎暮らしを楽しまないと。

東京はいいところです。が、やはり田舎の雰囲気が僕には合ってるみたいで。
今後は当サイトでも
「田舎暮らしごっこ」ってカテゴリーが誕生しますので、また近々UPしますね。カナイダがクワを握ってる姿を見てやってください。笑

あともう一つ、カテゴリーが増える予定ですが、それはまた後日に…。

僕はどうも見た目からかアウトドアな雰囲気が微塵も出てないみたいで。
「畑を耕します。」って言ったら、「え?モヤシのようなカナイダさんが?」って。笑

弁護士で「不食」を行っている秋山先生がプラーナ全開で、山登っても大丈夫なように全てはエネルギーですから、常にアーシングが行える畑仕事はかなりいいですよ。
関連記事:「食べない人たち」という本を読んで不食について考えてみた。人間は食べなくても生きられる。

もちろん趣味くらいの感覚が優しいので、僕も「ごっこ」とかこつけてやりますけどね。

サーファーの方もそう。
あの方々の肩の力が抜けているのは、アーシングに最適な砂浜に接しているから。さらには海のゆらぎ、つまりは地球のゆらぎを感じてチューニングされているからなんですよね。

あーいう感覚は健在意識レベルではなく無意識のレベルですから、体を感じて体が喜ぶことをするのは大切だと改めて感じます。

だんしゃり。

ところで、今引っ越しの片付けをやっているときに「断捨離」してます。物理的なものもにフォーカスしがちですが、捨ててるのは気持ちだったりします。

その代表的なものは「恐れ・不安」ですね。
それを認めて捨てられるのは快感です。

今度ゆっくりお話しますね。
さ、帰って片付けしよ。

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク