ボイスレコーダーはアイデアの記録に適しているのでオススメです。

ボイスレコーダーはアイデアの記録に適しているのでオススメです。

ICレコーダーって凄くいい。

カナイダ(kanaidanet)です。

The現代医療っていう病院で働き始めて約15日ほど経過した今。

「人をみる」って今まで働いていたところで得た知識・経験は現代医療にも繋がるところがたくさんあって。もちろん患者さん相手にそれをお伝えする場面もちょこちょこあるんですけど、意外とそれよりも気になるのがスタッフなんですよね。

エネルギーが切れてるスタッフ。

元気がないんですよ。だからその、そこでエネルギーの枯渇が行われているというか。みていてかわいそうなんですね。

どうしてそんなことが起こるのかって不思議でならないんですけど、この2周間ほど観察していみていると、かなり自分を無理させているんです。治療しているときとリラックスしているときの差が激しいのと、かつ振れ幅がないんですよ。

例えば、0が普通で緊張しているのが100とベースを上げているような感じ。本来は緊張しているのが50。リラックスしているのがー50という感じでバランスがとれて振れ幅が気持ちいいんですよね。

でも僕の周りにいるスタッフの方々は0から100って感じなんですよね。はっきり言ってそれは非常に危険です。自律神経のバランスも崩れます。

だからまずはそういう自分を知って、どんなところで自分が体をこわばらせて仕事をしているのか気づいて、次にケアが必要。今から変わるためにケアをしてあげて。そこから少しずつ日常生活で自分を慢性的に苦しめているものを断捨離していけばいいのではないでしょうか。

少しずつ周りのスタッフにお伝えしているところです。まあわりとそのまま伝えると、危ない人みたいに見られることもあるので、こちらの言語に変えて伝えているつもりですけど、時々オカルトチックな雰囲気が出ているときもあるそうで‥笑

今後は周りをみながら発したいと思っています。

そういえばこのブログを書くにあたって今は通勤中車内でボイスレコーダーを使って録音しています。録音すると喋っているとアイデアがつらつら出てくるので、これはいいなと思いながら録音しているところです。

録音して文章に軽く直しているんですよね。タイピングは早いのでボイスレコーダー聞きながらできます。

この通勤中の10分で話すとマインドもしっかりします。自分に言い聞かせているようで。

とりあえずオススメです。
iPhoneもあるんですけど、使う場所を制限されることもあるので、ICレコーダーはレコーダーで持っていたほうがいいと思います。講義にも使えますしね。

って感じで。

今日はこのへんで失礼します。
カナイダ(kanaidanet)でした。