あのギザギザハサミ(ピンキングはさみ)って布を裁断する時にほつれにくくする働きがあったのかー!

この記事をシェア

ギザギザハサミって使える。

道具って本当よく考えられてるな、凄い。

カナイダ(kanaidanet)です。
先週、福岡の天神に行って家族でお買い物してきました。
福岡に帰還してから意外と行ってない天神。

平日でしたが、まあまあの人の多さ。
ちょっと人混みの拒否反応出ながらも買いたいものがありました。それはテーブルクロス。

最近お友達のNARAさんが無垢の素材でダイニングテーブル作ってくれたんですけど、うちの息子がテーブル汚すこともありますし、人が集まってご飯食べてる時も、ちょこちょこ汚れちゃうので、ランチョンマットもオシャレですが、テーブルクロスが欲しいなーと。

で、買ってきました。

ちょっとマリメッコ風。笑

食卓がさらに明るくなりそうです。
でも、一つ問題が。
この生地、切り売りだったので、端がそのままなんですよね。だからほつれることも考えて端を縫ったりしないといけない。でも縫うてなるとちょっと大変。そしたら今回、ある救世主と出会いました。

それはこれ↓

ギザギザハサミ(ピンキングハサミ)

このピンキングはさみって、昔からお婆ちゃんとかの裁縫セットの横にあったりしたんですけど、その特徴的な刃は一体なんのためにあるのか、分からなかったんです。

(もしや切手を作るときに…)
そんな自由な妄想するくらい謎だったハサミですが、この特徴的なギザギザによって裁断した生地がほつれにくくなるようで。それってすごい魅力的。ってことで紹介します。

ピンキングはさみはこんな感じ。


とりあえず刃はギザギザしています。
この刃によって生地を裁断したときに、綺麗なギザギザが生まれるわけです。

とりあえず切ってみた。


生地の端を切ってみます。
今回は布ではなく撥水加工のものなので少し切りやすいのもありますが、ジョキジョキいきますね。思ったより切れるので驚きです。



とりあえず終了しましたが、このハサミがこういった特徴があるって知らない人も多いのでは…。

割とキレイに出来ましたよ。

本当道具って考えられているなーと改めて関心。
何事もやってみるといいですね。

するとこういった発見がまた人生をより良いものに導いてくれている気がします。


もし生地の裁断をする方で、とりあえず縫いたくない人とかはおすすめですよー。

あ、そういえば、最近トリニティってサイトでライターやり始めたんですけど、「ライター」って言葉に踊らされてちょっと記事が固くなってます。笑

「トリニティ」
これから緩みますが、良かったら見てやってください。そして「いいね」してもらえると今後の運営が助かります。応援、よろしくお願いします^ ^

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク