「ドラえもんの春のGO!GO!皿」をシールを集めて応募するために妻が本気を出した話。

この記事をシェア

「必ずもらえる」って魔法の言葉に。。。。

お茶の箱買いに妻の本気を感じましたね。

カナイダ(kanaidanet)です。

このブログの雑記感が最近強くなっているのに気づいていましたが、今回も雑記中の雑記に。
商品を買わせる企業のねらいに引っかかりつつも、楽しんでいる妻をみて微笑ましく思っていました。

ドラえもんの春のGO!GO!皿

こういう応募ハガキを妻が持って、目をキラキラさせていました。

「ドラえもんの春のGO!GO!皿」

よくあるシールを集めて応募すると必ずもらえるという企画。これは対象商品を企業が消費者に買わせる手法の一つで、まあ言い方変えれば「罠」なんですが、それを分かっていても楽しんでいる彼女はとてもキラキラさせていますよ。

ちなみに公式HPはこちら

応募のコースは2つ。

24枚コース。と、


48枚のコース。

どちらもお皿がもらえるそうですが、妻は迷うことなく48枚のコースを選んでいました。理由は?と聞くと

「だってかわいいもん。」

本気です。彼女は。

その本気がついに箱買いさせた。

48枚ということは、48本の対象商品を買わないと行けないということ。
「毎日買っても、48本だったら48日」

期限は5月31日。

(間に合わないじゃないか。)

そう思っていていると、うちの一角に謎のダンボールが。

これです。
ついに彼女は箱買いしていました。本気のようです。
聞いてみると、

「だって箱買いせんと集まらんもん。」

本気でした。
本気になると周りが見えないものです。
だって人間だもの。

そして集まったシール。

ドラえもんがたくさんです。
残り4枚まで集まっています。すごい。

こういうシールを集めて応募って個人的には、あまり興味がないので、間近でみると凄いなって本当思うところでした。

ちなみにこちらのブログでも「〜なりたい」ではなくて「〜なる」とか言葉と意識の話を数回触れていますが、今回の妻も
「だってドラえもんかわいいもん。ほしいもん。」と宣言しちゃっていましたから。

現実は思い通り。
すごい。

以上、ドラえもんの春のGO!GO!皿を応募するために妻が本気を出した話。でした。
雑記感が半端ない。

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク