まだカレールウを使ってるの?ヘルシーで美味しい豆腐カレーの作り方

この記事をシェア

まだカレールウを使ってるの?

ヘルシーで美味しい豆腐カレーの作り方

カナイダ(kanaidanet)です。以前こんな記事をUPしました。
関連記事: カレールウを買うより、カレーパウダーを使おう。肉を使わない豆腐のキーマカレーが美味しかった話。

けっこう読まれています。

もともとアッサリしたものが好みなので、カレールウを使うことに昔から抵抗があったんですよね。実際調べてみるとあれって油の塊みたいなものなので、体にはおちろん悪いし、こってりして「うっぷ」みたいになるじゃないですか。

冷えるとカレーの上に膜も張るし。ちょっと危険なにおいがしますよね。

でもカレールウを使わないってことは、スパイスの調合からやるの?って質問うけることあるんですけど、実際はカレーパウダーで事足りるので、大丈夫です。

今回は、カレーパウダーをつかった豆腐のキーマカレーの作り方を簡単にお伝えします。

まずはカレーパウダーの入手。

僕は普段GABANのゴールド缶を使います。

昔はカルディとかにも置いてあったんですけど、今は置いてません。Amazonで買えるので、だいたい利用します。が、今回福岡県春日市にあるファディにこちらのカレーパウダーが置いてありました。

SBもいいんですけど、ちょっと冒険してみるのもいいじゃないですか。それにこっちがいくらか安かったんですよ。

「今回の材料」


今回は少し野菜多めにしました。分量とかはその時の料理に合わせて入れてみて下さい。

・ひき肉 豚・豚・鳥 お好みで
・しめじ
・ひよこ豆
・ピーマン
・ナス
・タマネギ
・ニンニク
・生姜

・豆腐
・トマト缶

ー味付け
・醤油
・コンソメ
・こしょう
などなど

豆腐のキーマカレー作り方。


はじめに、豆腐は水切りしておきます。


次に。みじん切りにしたタマネギをよーく炒めます。
炒まったら外に出します。焦げないように注意しましょう。

次にオリーブオイルなど油をひいて、きざんだ生姜とニンニクに火を通して香りを出したらひき肉を入れて炒めます。

そのあとは炒まりにくい野菜から順に入れ、引き続き炒めます。


炒まったら、最後に水切りした豆腐を入れ、カレーパウダーを材料の表面を覆うくらいかけて軽く混ぜながら炒めます。

材料に粘り気を感じたら、トマト缶を投入して、サラサラにならない程度水を入れて煮詰めます。

あとは醤油やこしょうとか、お好みでソースも入れたりして完成です。

完成。


お皿に盛り付けると、こんな感じ。
うちはチーズのせたりしますね。

このキーマカレーの作り方は、本来ベジタリアンの方も食べられるカレーで、実際に肉抜きの豆腐でもいけます。水抜きをすることで豆腐がひき肉のような感覚になります。

こんな感じで簡単な作り方ですが、意外とちゃんと出来ます。昔ある方が料理の分量に対してこんなこと言っていました。

「分量はね、その時の空気でも変わるから、作っている料理に聞いてみて味付けしたらいいんだよ。」

ま…まあ、確かにそうですよね。笑

子供が食べるにはスパイシーなカレーになりがちなんですが、おススメなので、気になる方は是非作ってみて下さい。

カナイダ(kanaidanet)でした。

↓サイト運営にご協力いただける方は、ポチッと応援お願いします♪

↓シェアも助かります♫よかったらシェアを♫

この記事をシェア

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク