潜行板を自作してトローリングして遊んでみたよ。実際に釣れたのでログっときます。

潜行板を自作してトローリングして遊んでみたよ。実際に釣れたのでログっときます。

潜行板+弓角ルアーでカツオが釣れたよ。

IMG 4434
カナイダ(kanaidanet)です。写真の中央で彼が持っている魚はカツオ。カツオなんてなかなか釣ったことありませんでしたが潜行板を使うとアッサリと釣れてしまいました。もともと潜行板は九州では使われていた漁具ですが、今では使う人は少なくなったとのこと。でも普通に竿で釣るよりも刺激的で手で糸を回収するときのドキドキ感はハンパないです。

まずは潜行板って何よ?

DSC01402
潜行板は引縄とも言われ、トローリングの一種です。道糸の先に潜行板を結び、潜行板の先にハリスを結び、弓角などのルアーを装着して船で引っ張ります。潜行板はその名の通り、その特殊な形状から引っ張ると下に潜り、魚がかかると逆に反転し、水上に上がって魚を引っ張り上げる道具です。

ヘタな絵ですみません。笑

うちの祖父が昔からこの釣り方でたくさんの青物をヒットさせていたので、今回祖父の潜行板を参考に自分でも自作してみました。

潜行板を自作してみたよ。

IMG 4924

先に完成したのはこちらです。まあ、自作といっても潜行板は買うのですが、買ってすぐ使うことはできないのですよね。穴を開けたり、ゴムを付けたりすることでトローリング中の安定性が高まり、ルアーの引きがスムーズに行えるようになります。

ちなみに今回購入したのはこちらの舵付きでしたので舵は邪魔なのでとりました。

福岡県や佐賀県にお住まいの方は、二丈のマルキンにも売っています。

IMG 4916
とりあえず、制作開始!!

IMG 4918
万力で固定し、マーキングしたところに穴を開けます。この穴は最初空いているところとはまた別に開けています。お尻の方にも開けてます。

IMG 4919
お尻の方にも穴を開けたら、ゴムをつける紐を通して、先にも紐を通して完成。
IMG 4924

こんな感じになりました。
祖父いわく、このゴムがあるかないかで潜行板の安定性が上がるのだそうです。

さっそく釣ってきたよ。

IMG 4414
弓角ルアーをハリスで繋げてトローリング開始しました。
弓角は長崎周辺ではよく使われているルアーです。

スクリーンショット 2018 08 17 6 30 09
こんな感じで手で引きながら手に伝わる感覚に変化がないかみています。

さっそく釣れたよ!

スクリーンショット 2018 08 17 6 30 57
手元に変化があったので、回収しようとすると水面に潜行板が浮いている!!これは魚がかかっている証拠!

スクリーンショット 2018 08 17 6 32 18
この時は30センチオーバーのアジでした。なかなか良いサイズでしたよ。

IMG 4434
他にも写真中央のカツオが釣れたりもしました。カツオって釣ることができるんですね。笑
面白いぞ、潜行板。

潜行板で遊ぶのは面白いよ。

結果からお伝えすると、潜行板面白いですね。いやーなかなか普通の釣りでは経験できないワクワク感があります。釣ること自体も面白いですが、仕掛けを自分で作ったり、道糸やハリスの長さを工夫したり、船のスピードを調整してみたり、そうしてそれまでの過程も楽しめましたね。

今後、また変化があったら報告します。
以上、潜行板を自作してトローリングして遊んでみたよ。実際に釣れたのでログっときます。
カナイダ(kanaidanet)でした。